イメージ

「ゆっくり茶番劇」の商標をめぐって大事件に!?代理人が謝罪

ビルポ事務局

今やニコニコ動画だけではなくYouTubeなどでも盛んに行われている「ゆっくり茶番劇」。

2人の掛け合いが楽しく、よく見ているという方も多いのではないでしょうか。

そんな「ゆっくり茶番劇」がとある個人により商標権を独占されている?ということで話題になっています。

そこでこちらの記事では、ゆっくり茶番劇の商標をめぐる騒動について詳しく解説していきます。

■そもそも「ゆっくり」とは?

出典:YouTube

「そもそもゆっくりって何?」

「なんとなくは知っているけどよくわからない」

というような人もいるのではないでしょうか。「ゆっくり実況」「ゆっくり解説」などで検索すると、おまんじゅうのような可愛いキャラクターが出てくるでしょう。

そもそも「ゆっくり」とは同人サークルである上海アリス幻樂団が原作である「東方project」のキャラクター・「霊夢」と「魔理沙」のアスキーアートから生まれたものです。

2chなどでは特に流行っており、「ゆっくりしていってね!!!」という霊夢と魔理沙のアスキーアートがよく貼られていました。

このキャラクターたちとAQUEST社の「棒読みちゃん」や「AquesTalk」などを組み合わせ、解説動画やゲーム実況動画などがアップされ始めたのが、現在の「ゆっくり」ブームにつながっています。

キャラクター2人の掛け合いでテンポ良く動画を見ることができるため人気のあるジャンルです。

■「ゆっくり」の商標権って?

さて、2022年5月15日に、この「ゆっくり」を第三者が商標登録したことにより大騒ぎとなりました。

動画投稿者であり東方Projectとは何も関連のない「柚葉」さんが「ゆっくり茶番劇」の商標権を取得したことにより大ブーイングが起きているのです。

そして今後ゆっくり茶番劇の商標を利用する際には、年間10万円(税別)と商標使用許可申請書が必要であると主張しました。

そもそも「ゆっくり」は二次創作から派生したものであり、インターネットの共有財産として多くおの人に親しまれてきました。

そんなゆっくりが東方とは関係のない個人に独占されるということで、インターネット上ではかなり批判を浴びました。

これには東方Projectの原作者であるZUNさんも、

ちなみに細かいところではありますが、「ゆっくり茶番劇」での商標登録となるため、この時点で「ゆっくり解説」、「ゆっくり実況」などはセーフの判断となります。

■柚葉とは何者?

question-mark-g69eae5053_640.jpg

さて、ここからは「ゆっくり茶番劇」を商標登録した柚葉さんとは一体どのような人物なのか、詳しく解説していきます。

柚葉さんとは「柚葉 / Yuzuha」というチャンネル名にてYouTubeを行っている動画投稿者です。

以前は「たまゆら」という名義で活動しており、チャンネル登録者数は2022年5月時点で22.8万人。

ちなみに「ゆっくり茶番劇」の商標登録に関する要綱について解説されている動画は下記です。

※重要告示※「ゆっくり茶番劇」商標使用に関する要綱 (ガイドライン) 動画版 #ゆっくり茶番劇

https://www.youtube.com/watch?v=q1Hp09MCI4I

上記動画では「柚葉企画」という会社が「ゆっくり茶番劇」の商標登録を行っていることがわかります。

「ゆっくり茶番劇」の商標登録について批判が集まると同時に、柚葉さん本人にも批判が集まるようになってきました。

「登録者数を買っているのではないか?」、「UUUMに所属していると公言しているけど、嘘ではないか?」などの噂がたつようになります。

■UUUMと柚葉さんとの関連は?

ちなみに結論から言うと、柚葉さんはUUUMに所属していない可能性が高いです。

しかし柚葉さんご本人が「UUU所属」と記載していたことにより、UUUMにまで批判が飛んだりする事態に発展しています。

しかもUUUMの公式サイトにある「クリエイター検索」にて柚葉さんを検索してもヒットしないことから、嘘ではないかと騒がれ、更なる批判が集中することになります。

このことよりUUUMに所属していることが大きく疑われていた柚葉さんですが、正確にはUUUMではなく「UUUM CREAS」にのみ所属している可能性が高いです。

ちなみにUUUM CREASは申請すれば誰でも加入することができます。

ちなみに柚葉さんはライバーコミュニティであるCoyu.liveにも所属していましたが、5月16日時点で「所属規約および所属契約への違反が認められたため警告処分」とし講師行きツイッターから発表がありました。

■商標取得者の代理人が謝罪

sign-g1a8e7f0b3_640.png

そして5月16日、商標取得者の代理人である海特許事務所が

「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」

として謝罪を行いました。そのほか爆破予告などもあったようで、こちらについては通報したとのことで報告がありました。

■最後に

以上、「ゆっくり茶番劇」の商標をめぐっての事件について紹介いたしました。

長きにわたってインターネットで愛されてきた「ゆっくり」だったからこそ、不当な形での独占は反感を買ったのでしょう。

商標取得者の代理人である海特許事務所は、場合によって取得無効審査を行う可能性もあるとの報告をおこなっています。

今後の「ゆっくり茶番劇」の行く末にも注目です。


はじめての方へ


SNSでも最新情報発信中

LINE 友だち追加

  • ビルポ求人

    ビルメンテナンス業界特化の求人サイト

    ビルポ求人とは

  • ビルジョ

    ビルメン業界で活躍する女性応援情報サイト

    ビルジョとは

  • ビルクリーニング バックナンバー アーカイブ

    過去の清掃現場向け業界誌を閲覧できます

    詳しく

  • ビルポチャンネル

    ビルメンテナンスに関連する動画をご紹介

    詳しく

  • カタログダウンロードセンター

    目的に応じた資機材のカタログが探せます

    詳しく

アクセスランキング

もっと見る