イメージ

認証システムの概要やメリットとは、課題点なども解説

ビルポ事務局

認証システムと言われると少し難しい印象を受けるかもしれません。ただ内容を知ると意外と身の回りで使われているものばかりだったりします。

認証システムにはどのようなものがあるのか、メリットデメリットなどを詳しく解説していきます。

認証システムについて

グラフィックス9.png

ユーザーの正当性を確認して先に進んでもよいかどうか判断するのが認証システムです。

もしそこで不正だと見なされると、そこで弾かれてしまうのです。認証システムではユーザーが決めた情報が保存されています。

それが本人かどうかの証拠となり完全に一致しなければいけません。

認証システムは主に個人情報を守るために使用されています。

最近ではインターネットが普及してきており、何でも出来るようになってきました。

スマホやパソコンで自分の名前や住所、年齢などを入力した経験がある人も多いでしょう。

何気なくしている行為かもしれませんが、全く知らない人が知ってしまうと大変なことになります。

トラブルを未然に防ぐため、本人しかアクセス出来ないようにしたのがこの認証システムなのです。

認証システムの種類

システム認証にはいくつか種類があります。

その中で一番メジャーなのが本人認証でしょう。

SNSにログインをしたりインターネットで買い物をする際に使われるIDやパスワードがそれにあたります。

他にはメッセージ認証というものがあります。

取引先とのやり取りは電話だけでなくメールを使って行ったりします。

そこでデータの改ざんがあったら大変なことになります。友達同士であれば謝れば済むかもしれませんが、企業だとそうはいきません。

今後の運営にも大きく関わってくる可能性があるのです。それを防ぐためにメッセージ認証が存在します。

これによって改ざんされていないと証明することが可能となるのです。

それにあわせて時刻認証というものもあります。これもメッセージ認証と同じで、データが正しい情報であると証明することが出来ます。

認証システムが使われている事例

先ほども少し触れましたが、メールアドレスなどのIDとパスワードを入力してログインする方法が一番メジャーです。

簡単かつ安全に本人確認出来るのでさまざまな場面で使われています。

他にはクレジットカードにも認証システムが適用されていたりします。

カードの番号のみでの支払いは不可能です。契約者の名前や有効期限、セキュリティコード全てが一致してやっと使えるのです。

これらのIDとパスワードに加えて生体認証も盛んに組み込まれています。

別名バイトメトリクス認証とも言われており指紋や顔、静脈や瞳などが活用されています。

生体には一人一人特徴があり、全く同じ物を持った人間はほぼ存在しません、そのためID、パスワード認証よりはセキュリティ面は強固かもしれません。

スマートフォンを持つ人が昔に比べてかなり増えてきました。以前まではボタンを押すだけで画面が開いていましたが、最近は指紋や顔を使って利用する機能が実装されています。

実はこれも生体認証の一部なのです。

認証システムを利用するメリット、デメリット

グラフィックス10.png

どんな物事にもメリットがあればデメリットがあります。両方を理解しておかないと上手く使いこなすのは難しくなります。

では認証システムにはどのような面があるのでしょうか。

認証システムのメリット

認証システムを採用する理由としてよく挙げられるのは、不正アクセスを防ぐという点です。

スマートフォンはもちろんのこと、会社でも多く使われています。これまでは出退勤の際にICカードを使う企業が多々ありました。

確かに便利ではありますが、カードを紛失してしまうと少し厄介なことになります。

そこで顔認証システムを取り入れるのです。それによってカードを作成する必要もなくなりトラブルも減ります。

さらに素早く正確に本人確認が行われるのでとてもスムーズに出退勤が可能になります。

カードを通す手間も省けるので両手を塞がれずに通れます。またスマートフォンを使っている人なら経験したことがあると思いますが、認証自体にほとんど時間はかかりません。

そのため、出退勤だけでなく関係者しか入れない部屋への入退室もスムーズに出来ます。

このようなたくさんのメリットが認証システムに備わっているのです。

認証システムのデメリット

IDとパスワードでの認証は煩わしい操作がないので比較的簡単です。

しかしその反面、情報が漏れると不正利用されてしまうという危険性が高まります。

まさに諸刃の剣と言えるでしょう。IDとパスワードのみで守られている個人情報は特に気をつける必要があります。

なぜならIDは誰でも確認出来る場合が多く、パスワードさえ分かれば突破出来てしまうからです。

あまり難しくて複雑なパスワードに設定すると、自分でさえ忘れる可能性があります。

なので自分の生年月日やニックネームなど想像しやすいようなものにしがちです。

だからといって複雑なパスワードにすると逆に忘れてしまいます。セキュリティが強ければ強いほど確認に時間がかかり、本人なのに進めないという問題が発生します。

では顔認証などの生体認証システムならこのような問題は起こらないのか、これも言い切ることは出来ません。

偽装しようとすれば出来てしまうのです。

また病気やケガなどの影響で登録しているデータと異なる場合、再度やり直しをする必要があるというデメリットが生まれるのです。

認証システムの今後や改善点について

グラフィックス11.png

認証システムは現時点でさまざまな場所で利用されています。これからどのような展開をしていくのでしょうか。

認証システムは今後もどんどん普及していく

デメリットはありますが、それでも認証システムはこれからも使われていくでしょう。

その上で改善しなければならないのはやはり精度の面です。何も対策をしないよりは個人情報を保護することが出来ます。

しかし100%安全だとは言えません。どうしても不正利用やなりすましなどが起こってしまうのです。

そのため認証システムのアップデートに加えてユーザー自身の認識も変えていくべきなのです。

最近では二重ロックが施されている場合もあるので、積極的に利用しましょう。

まとめ

biometric-g57b760ff2_640.jpg

認証システムは現代を生きる私たちにとって必須と言えます。何気なく使っていた顔認証などが大切な個人情報を守ってくれていたのです。

面倒くさいかもしれませんが何かあってからでは遅いので、出来るだけロックをかけておくことをオススメします。


はじめての方へ


SNSでも最新情報発信中

LINE 友だち追加

  • ビルポ求人

    ビルメンテナンス業界特化の求人サイト

    ビルポ求人とは

  • ビルジョ

    ビルメン業界で活躍する女性応援情報サイト

    ビルジョとは

  • ビルクリーニング バックナンバー アーカイブ

    過去の清掃現場向け業界誌を閲覧できます

    詳しく

  • ビルポチャンネル

    ビルメンテナンスに関連する動画をご紹介

    詳しく

  • カタログダウンロードセンター

    目的に応じた資機材のカタログが探せます

    詳しく

アクセスランキング

もっと見る