イメージ

石材のメンテナンスで困っていませんか?「酸性洗剤でムラが出た大理石を復元したい」

株式会社タックアンドカンパニー

お客様から「大理石の床を酸性洗剤で洗浄したらムラになってしまった」とのご相談をいただきました(下の写真をご覧ください)。

stone_maintenance5_02.jpg

こちらは、都内のマンションのエントランス床です。下駄箱の下部分も酸焼けのムラがあり、約4㎡程度の広さです。

現調でお話を伺ったところ、トイレ洗浄用の酸性洗剤を薄めて洗浄して綺麗にしている動画をYouTubeで見たとのことで、同じように施工されたらしいですが、酸焼けがくっきり目立っています。

素材は大理石で、石種は「キャメルベージュ」だと思いますが、大理石へのメンテナンスとしてはタブーな方法になります。理由としては、大理石の主成分は炭酸カルシウム(CaCO3)であり、酸性の液体を垂らすと成分が溶けてしまうからです。そのため、画像のようにツヤが無くなりムラが発生してしまいます。

ビルポ会員限定

この記事はビルポ会員限定の記事となります。
続きは無料の会員登録でご覧いただけます。

著者

新井田康介(にいだこうすけ)
株式会社タックアンドカンパニー代表

株式会社タックアンドカンパニーは、国内初の石材メンテナンス会社として1985年に創業。
数多くの建材に使われる素材の中で、最もメンテナンスが難しいとされる石材をいかにシンプルに綺麗に維持できるかを追い求め、最適なメンテナンス商品を開発しました。
特に研磨に関しては、今まで不可能とされてきた黒御影石とセラミックタイルの完全修復を可能とした「マイクロポリッシュ」を開発。大理石フロアーの 再研磨だけでも10万㎡以上の実績があります。

株式会社タックアンドカンパニー HP
石材メンテナンスに関するご相談・お問い合わせはこちら


はじめての方へ


SNSでも最新情報発信中

LINE 友だち追加

  • ビルポ求人

    ビルメンテナンス業界特化の求人サイト

    ビルポ求人とは

  • ビルジョ

    ビルメン業界で活躍する女性応援情報サイト

    ビルジョとは

  • ビルクリーニング バックナンバー アーカイブ

    過去の清掃現場向け業界誌を閲覧できます

    詳しく

  • ビルポチャンネル

    ビルメンテナンスに関連する動画をご紹介

    詳しく

  • カタログダウンロードセンター

    目的に応じた資機材のカタログが探せます

    詳しく

アクセスランキング

もっと見る