イメージ

あらかじめ知っておいた方がいい正しい仕事の辞め方とは?詳しくご紹介

ビルポ事務局

あらかじめ知っておいた方がいい正しい仕事の辞め方とは?詳しくご紹介

日々お仕事をしていると何か新しいお仕事がしたい、体が悲鳴をあげているからどうにかして会社を辞めたいということが誰しもあると思います。

そんなときに皆さんはどのようにしてお仕事を辞めればいいのか正しく理解していますか?

中にはお仕事を辞めたいのになかなか会社側が辞めさせてくれないなどの悩みを抱えた方もいらっしゃると思うので、今回はスムーズに会社を辞めるにはどうしたらいいのかということについて説明していきたいと思います。

1.基本的な正しい仕事の辞め方

グラフィックス11.png

お仕事を辞めるにあたって基本的な流れというものがあります。ただ闇雲に

「明日でお仕事を辞めさせていただきたいのですが…」

と上司に相談してもまともに取り合ってくれないでしょう。そこでこれから述べる手順で物事を進めていくことで、スムーズに退職をすることができるでしょう。その手順が以下の通りです。

  1. 退職の計画を立てる
  2. 退職することを上司に伝える
  3. 退職願や退職届を提出する
  4. 仕事の引き継ぎや有給休暇を使用する

退職の計画を立てる

何の計画もせずに行き当たりばったりで退職をすることはあまりおすすめできません。

というのも何も計画せずにお仕事を辞めてしまうと、そのあとにお仕事が見つからない場合があるからです。

たくさんの蓄えがある方は問題ないのかもしれませんが、そうでない方はお仕事が見つかるまで収入が途絶えてしまうことになります。

そうなると生活にも支障が出てきてしまうと思うので、今のお仕事を辞める前にはきちんと退職後の計画を前もって立てることをおすすめいたします。

具体的には、新しいお仕事が見つかってから退職を切り出すという流れが精神的にも一番負荷がないと思われます。

失業保険などの制度がきちんとしている職場に勤めている場合には、失業保険でどの程度の期間生活できるのかをあらかじめ考えて、その期間に就職活動を上手くできるかを考えておく必要があるでしょう。

いずれの場合でも、事前にある程度辞めた後の生活のことについて考えておくことが大切です。

退職することを上司に伝える

退職をするという意思を伝えるのは最低でもお仕事を辞める1ヵ月前にしておきましょう。

法律ではお仕事を辞める2週間前に退職をするという意思を伝えれば、お仕事を辞めることが可能なのですが、それでは会社側にとても迷惑がかかってしまいます。

そこで会社側の人員補充やお仕事の引継ぎなどのことを考慮すると、1ヵ月前がベストなタイミングだと思われます。

また退職理由にも気を付けておかなければならないポイントがあります。

「会社の○○の部分が悪いから辞めさせていただきたいです」

「人間関係が上手くいかないから辞めさせていただきたいです」

などのことを退職理由にしてしまうと変に引き止められてしまう可能性があります。

そのため、あくまで退職理由は細かく述べずに

「一身上の都合により辞めさせていただきたいです」

と簡潔に伝えるようにしましょう。

退職願や退職届を提出する

退職願や退職届も1ヵ月前に提出するようにしましょう。

ここで簡単に退職願と退職届の違いを説明しておきたいと思います。

退職願は会社側に「お仕事を辞めさせていただきたい」ということを願い出る書式のことで、これを提出しただけではお仕事を辞めることはできません。

しかし会社によっては、口頭で退職の意思を伝えるだけで退職願は提出しなくていいこともあるので、そこは自分の会社に確認を取りましょう。

一方で退職届は「会社を辞めます」と正式に会社側に通告する書式なので、これを提出することで、正式にお仕事を辞めることができます。

仕事の引継ぎや有給休暇を使用する

自分が辞めてからも会社が円滑に業務できるよう、後任者などにお仕事のやり方やポイントなどを引き継いでおく必要があります。

これも後任者などにあまり負担をかけないためにも、1ヵ月前から行うようにしましょう。それと同時に会社の挨拶回りも行っておくことがベターです。

そしてもし有給休暇が残っている場合は、退職日を過ぎると全て失われてしまうので、退職日までに使い切るようにしましょう。

2.仕事を辞めるおすすめな時期

グラフィックス12.png

最後にお仕事を辞めるおすすめの時期をお伝えします。自分の都合だけで好きなタイミングにお仕事を辞めてしまうと、会社側にとても負担がかかり迷惑をかけてしまいます。

特に繫忙期は人手不足になりがちなので、そんなときに退職の話を切り出してもまともに取り合ってくれない場合があります。

そうならないためにも、仕事が忙しくない閑散期や自分が担当しているプロジェクトが終わるときのようなキリのいいタイミングで退職の意思を伝えることをおすすめいたします。

3.まとめ

emergency-gc83971c74_640.png

お仕事を辞めるということは自分にも会社側にも意外と負担がかかるものなので、きちんと前もって計画を立て、気持ちよく退職できるように心がけましょう。

そして自分を雇ってくれた会社に感謝をしっかり伝えられれば、円満に退職することができるはずです。


はじめての方へ


SNSでも最新情報発信中

LINE 友だち追加

  • ビルポ求人

    ビルメンテナンス業界特化の求人サイト

    ビルポ求人とは

  • ビルジョ

    ビルメン業界で活躍する女性応援情報サイト

    ビルジョとは

  • ビルクリーニング バックナンバー アーカイブ

    過去の清掃現場向け業界誌を閲覧できます

    詳しく

  • ビルポチャンネル

    ビルメンテナンスに関連する動画をご紹介

    詳しく

  • カタログダウンロードセンター

    目的に応じた資機材のカタログが探せます

    詳しく

アクセスランキング

もっと見る