『事故』完全無人自動車は完璧なのか?リスクはあるの?

ビルポ事務局

イメージ

現在、世界中で注目を集めている自動運転技術。完全自動運転とはどのようなものなのでしょうか。

また、完全無人自動車が実現すれば、事故のリスクは減るのでしょうか。

この記事では、自動運転技術の中でも、完全無人自動車にフォーカスして、事故に対するリスクについてお伝えしていきます。

イメージ

完全無人自動車とは?

自動運転レベルは、それぞれの能力に応じてレベル0〜5まで分けられています。

  • レベル0:運転自動化なし
  • レベル1:運転支援
  • レベル2:部分運転自動化
  • レベル3:条件付き運転自動化
  • レベル4:高度運転自動化
  • レベル5:完全運転自動化

自動運転と言えるのは、レベル3以上の場合です。

また、現在注目されている多くの自動運転レベルは、レベル4の「高度運転自動化」で、このレベルとなると一定の運行領域であれば基本的に無人による自動運転が可能です。

しかし、想定外の事態が起こった場合には、ドライバーの介入が必要となるケースもあるため、完全自動化とは言えません。

しかし、一定の領域の場合なら基本的に自動運転が可能なので、配送サービスやバス会社・タクシー会社などが取り入れることを目指しています。

さらに、レベル5「完全運転自動化」となると、運転領域に制限されず、原則いかなる状況でも自立走行が可能です。

高速道路や一般道など走行可能な場所を安全に走行し、豪雨や豪雪など走行困難な状況になった場合には、安全な場所に一時的に避難し、走行可能な状況に復帰すると再び自立走行を開始します。

また、燃料やバッテリーがなくなれば、ルート上のガソリンスタンドや給電ステーションへ向かい、自動で燃料や電気を補給することも可能です。

つまり、人が運転するのと同じことを、機械が自立的に行えるレベルが自動運転レベル5「完全運転自動化」なのです。

イメージ

完全無人自動車の事故へのリスクはどうなの?

ヒューマンエラーによる交通事故を防ぐことが大きく期待される完全無人自動車。

しかし、アメリカ道路安全保健協会(IIHS)の研究結果によると、たとえすべての自動車が完全無人化されたとしても、これまで起こってきた衝突事故の3分の2は起こっていたという検証結果が発表されています。

脇見運転や注意散漫な運転、通話をしながらの運転など、運転者の不注意や飲酒運転や麻薬の使用・急病などによる危険予知の遅れなどについては、完全自動運転の方が事故を起こす確率は低くなりますが、それは世の中で起こる衝突事故の3分の1ほどなのだそうです。

残りの3分の2の原因を取り除くためには、予測・意思決定・パフォーマンスエラーなどの特別なプログラミングを取り入れない限り、完全自動運転レベルでも防ぐことは難しいと言われています。

国連専門機関である国連電気通信連合では、事故対応への疑問が投げかけられた

スイスのジュネーブにある国連専門機関、国連電気通信連合(ITU)では、AIによる自動運転化に伴い、無人の自動車が田舎で衝突事故を起こした際、誰も目撃者がいない場合にどのように対応するのか?

また、救急車を自動で呼ぶことができるのか?事故状況を説明できるのか?などといった疑問を投げかけています。

現段階では、完全無人自動車でも事故に対しては完璧ではなく、事故を起こすリスクはあるということです。

今後のプログラミングの進歩やAIによる学習が進めば、完全無人自動車が事故を起こすリスクは大幅に減るのかもしれませんが、無事故を期待するだけでなく、事故を起こした際の対応が完全無人自動車でも行えるのかについて考えて改善していく必要があるようです。

イメージ

完全無人自動車の実現は、SDGsへの大きな貢献につながる

完全無人自動車は、2030年までに持続可能な世界を実現するための世界目標であるSDGsにも大きく関連しています。

インフラの整備・安心安全なまちづくりなど、AIによる完全無人自動車が実現すれば、SDGsへの大きな貢献へとつながります。

しかし、一方で、事故へのリスクを完全になくすためには、プログラミングやAIの学習など多くの課題が残り、現時点では達成できないという見込みとなっています。

また、導入コストがかかりすぎることも実現が難しい原因の一つ。

世界の交通事故の9割は、中・低所得国で起こっていると言われていますが、導入コストが高いことで、それらの国への普及が困難となるのは予想できるのではないでしょうか。

まだまだ、課題の多い完全自動運転化ですが、実現すれば、交通事故0とまでは行かないにしても、大幅な削減につながることは間違いないでしょう。

イメージ

まとめ

機械が人と同じような運転を自立的に行うことを可能にする、完全自動運転化。この記事では、完全無人自動車は完璧なのか?

また、事故に対するリスクはないのか?ということについて考えてみました。

まだまだ完璧ではありませんし、事故を起こすリスクもある完全無人自動車ですが、今後の進展次第ではより精度が高まり、ヒューマンエラーによる事故を減らすという世界の期待に応えられるようになるかもしれません。

おすすめ記事:無人シリーズ!

無人スタバがすごい!?

気になる無人コンビニの現状


はじめての方へ


SNSでも最新情報発信中

LINE 友だち追加

  • コーポレートサイト

    コーポレートサイトを公開しました!

    ビルポとは?

  • ビルジョ

    ビルメン業界で活躍する女性応援情報サイト

    ビルジョとは

  • ビルクリーニング バックナンバー アーカイブ

    過去の清掃現場向け業界誌を閲覧できます

    詳しく

  • ビルポチャンネル

    ビルメンテナンス業務に役立つ動画を公開中

    詳しく

  • カタログダウンロードセンター

    目的に応じた資機材のカタログが探せます

    詳しく

アクセスランキング

もっと見る