職場でよく聞くメンタルハラスメントってなに?概要や種類について解説

ビルポ事務局

イメージ

職場内で「メンタルハラスメント」という言葉を聞いたことがある人の中には、詳細までは知らない人がほとんどではないでしょうか。

メンタルハラスメントは誰にでも起こり得る問題であり、エスカレートすることで犯罪などのトラブルにまで発展することがあります。

トラブルにならないようにするためには、メンタルハラスメントの概要や代表的な種類を理解しておくことが重要です。

今回は、メンタルハラスメントの概要や種類、企業が防ぐ必要性について解説します。メンタルハラスメントに興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

イメージ

メンタルハラスメントとは

メンタルハラスメントは「メンタルヘルス」と「ハラスメント」を組み合わせた言葉であり、嫌がらせ行為による精神的不調を意味します。

メンタルハラスメントは行為による影響が大きく、意図せずハラスメント行為になっているかもしれません。

加害者側が意図していなくても、被害者側が不快な気持ちになっていればハラスメントとして成立することになります。

メンタルハラスメントが発生する要因はさまざまですが、個人の価値観の違いや職場内の環境・風土によって生じることがあります。

企業が時代の変化に対応するためには、従業員の価値観や考え方を柔軟に取り入れることが重要です。

企業規模にもよりますが、従業員間の価値観の相違によって摩擦が生じてしまいハラスメントに発展することがあります。

職場内の環境・風土において、円滑な人間関係が形成されにくいことによってハラスメントの誘発や常態化を招きかねません。

これらのハラスメントによって従業員の精神的不調が引き起こされているのであれば、メンタルハラスメントが成立しているといえるでしょう。

企業はさまざまな価値観を持った従業員が集まることになるので、価値観の違いによる摩擦は避けられません。

従業員の価値観を尊重して、風通しの良い企業体質を目指すことがメンタルハラスメントを防ぐ上で重要だといえます。

イメージ

代表的なメンタルハラスメント

企業内のメンタルハラスメントは上司から部下に対してだけではなく、部下から上司に対するものも一定数あります。

メンタルハラスメントには20種類以上あり、ここでは、代表的な3つのメンタルハラスメントについて説明します。

  • セクシュアルハラスメント
  • マタニティハラスメント
  • パワーハラスメント

それぞれ説明しますね。

セクシュアルハラスメント

職場内で労働者の意に反する性的言動によって、不快な気持ちにさせる行為です。

セクハラは同じ職場内の上司と部下だけではなく、取引先や顧客でも起こり得ます。

セクハラと聞くと「男性から女性」のイメージがありますが、「女性から男性」「男性から男性」と性別を問いません。

セクハラは「性的な言動」「労働者が不利益を受ける」の2点が判断基準となり、性的志向や性自認に関する言動も含まれます。

マタニティハラスメント

妊娠中や産前産後の女性社員に対して、不当な扱いや嫌がらせ行為を指すハラスメントです。

女性の妊娠・出産による体調の変化の理解不足が原因であり、福利厚生制度の利用を阻む行為、異動や降給などの不当な扱いが該当します。

近年、育児休業法の整備化によって厳しいペナルティが課されることもあり、理解を浸透させるための教育が重要だといえます。

パワーハラスメント

職場内での役職などの優位性を利用し、部下や同僚に精神的・肉体的苦痛を与える行為です。

職務上の業務範囲外の内容を強制したり、仕事を妨害する行為が該当します。

役職などの優位性において、上司から部下に該当することがほとんどですが、経験上の優位性の面で同僚同士でも該当することがあります。

イメージ

メンタルハラスメントを防ぐ必要性

円滑な企業経営のためには、メンタルハラスメントを防ぐ必要性は高いといえます。

メンタルハラスメントによって従業員の労働意欲が低下し、それに伴い生産性も低下します。

労働意欲の低下は欠勤率や離職率にも影響しかねません。

職場内の雰囲気が悪くなり、優秀な人材の流出や新入社員の早期退職などの人材面での不和も想定されます。

企業がメンタルハラスメントを防ぐことによって、円滑な企業経営が可能になるといえるでしょう。

まとめ

メンタルハラスメントは嫌がらせ行為による精神的不調を意味しており、人的要因よりも行為による影響が大きく、意図せずハラスメント行為になっている可能性があります。

発生する要因はさまざまですが、価値観の違いや職場内の環境・風土によって生じることがあるので、従業員の価値観を尊重して、風通しの良い企業体質を目指すことがメンタルハラスメントを防ぐ上で重要です。

企業内で起こり得るメンタルハラスメントは「セクシュアルハラスメント」「マタニティハラスメント」「パワーハラスメント」の3つが挙げられます。

これらは円滑な企業経営を目指すためには防がなくてはいけません。

メンタルハラスメントは従業員の労働意欲の低下を引き起こし、生産性の低下も招いてしまいます。

職場内の雰囲気も悪くなるので、優秀な人材の流出や新入社員の早期退職などの人材面での影響も大きいといえます。

メンタルハラスメントは企業経営全体に関わる事象になり得るので、管理職含め組織全体で取り組むべき問題だといえるでしょう。

おすすめ記事:洗脳怖いシリーズ

短かにいる洗脳する人の対処方法

洗脳される人とされない人の違い

食べ物とmentalの関係性

メンタルが壊れる前にやるべきこと


はじめての方へ


SNSでも最新情報発信中

LINE 友だち追加

  • コーポレートサイト

    コーポレートサイトを公開しました!

    ビルポとは?

  • ビルジョ

    ビルメン業界で活躍する女性応援情報サイト

    ビルジョとは

  • ビルクリーニング バックナンバー アーカイブ

    過去の清掃現場向け業界誌を閲覧できます

    詳しく

  • ビルポチャンネル

    ビルメンテナンス業務に役立つ動画を公開中

    詳しく

  • カタログダウンロードセンター

    目的に応じた資機材のカタログが探せます

    詳しく

  • マーケメディア

    社内DXの促進に役立つ資料をダウンロード

    詳しく

アクセスランキング

もっと見る