『データでみる』満員電車のストレス異数がとんでもないことに、、、

ビルポ事務局

イメージ

満員電車に乗ると身体が感じるストレスは、戦争にいる兵士と同じらしいということを知っていますか?

だからこそ毎日通勤をしている人は、戦争に向かうといった表現をします。

満員電車でのストレス異数を今回は具体的に健康に照らし合わせて紹介します。

満員電車に乗ると体調が優れなくなったり気分が悪くなるといったような人は、ぜひ参考にしてくださいね。

イメージ

満員電車に乗ると体調が悪くなる?

満員電車に乗ると普段よりも疲れやすく感じたり、気分が悪くなることはありませんか。

満員電車では人との密着感や閉塞感で普段よりもストレスを感じやすい状態にあります。

そうした満員電車の中での血圧や血糖値など、生活習慣病につながるようなものを具体的に紹介します。

気になる症状がある人は、体調管理に気を付けてください。

満員電車に乗ったときの血圧は?

満員電車に乗ったときの血圧は上昇しやすい傾向にあります。血圧の異常数値というのは、

140/90mmHg 以上

とされています。

病院や外出時にこの血圧を超えている人は、血管に対し常に強い刺激を与えているので、ふとした拍子に動脈硬化、心臓病、心筋梗塞、脳卒中のリスクが高まります。

満員電車に乗っている人は、若くてもこの数字を超えていたりこの数字に近い場合が多いです。

血圧が高いことでの自覚症状はほとんどありません。

ですがもし、天気の悪い日に頭が痛くなったり気分が悪くなったりする場合は、普段から血圧が高い傾向にあります。

日常的に血圧計で数字をはっきりさせることで、自分の体調と血圧の関係を意識できるのでぜひやってみてください。

もし血圧の高い日に満員電車に乗らなければいけないときは、乗車前に水分を多めにとってください。

水分をとることで血液の流れがスムーズになり、症状を落ち着かせることができます。

満員電車に乗ったときの血糖値は?

満員電車に乗ると血糖値も上がりやすいというデータが出ています。

血糖値が高いことで自覚症状はほとんど出ません。

ですが、血糖値が上がると免疫力が下がり風邪や感染症、生活習慣病になりやすいというデータがあります。

血糖値が高い状態というのは、常にダンベルを持ちながら行動しているようなものです。

上昇した血糖値が腎臓の機能を低下させてしまうので身体に必要なたんぱく質などもろ過してしまい、尿にタンパクが出るようになります。

病状が進行すると、老廃物のろ過が行なわれなくなり、身体に老廃物や水分が蓄積されます。

症状が進行すると糖尿病になったり人工透析が必要になってきます。

疲れやすくのどが渇きやすいなどの症状が普段からある場合は注意してくださいね。

イメージ

満員電車に乗ったときのストレスとは?

満員電車に乗ったときにどのようなものをストレスとして身体が感じやすいかを紹介します。

ストレスになりやすいもの 匂い

満員電車の中ではにおいが大きなストレスになります。

人と人との距離が近いため、イライラが募りやすくストレス臭といった独特なにおいを発するようになります。

人のストレス集を感じることで、負の連鎖に陥りやすいです。

においで満員電車をつらく感じる場合は通勤手段を見直したり、電車に乗る時間を見直したりしてみてください。

ストレスになりやすいもの 周りの人との肌の密着

満員電車でストレスになるものは周りの人との肌の密着です。

人にはパーソナルスペースといったごく親しい人が入れる空間というものがあります。

この空間に他人が立ち入ることで、不快感を感じたりイライラしたりすることがあります。

満員電車で肌の密着が不快な場合は、肌を出さない服装を心がけたり、電車の時間を見直したりすることがおすすめです。

また電車に乗った後の服装を変えたりすることもおすすめです。ぜひやってみてくださいね。

ストレスになりやすいもの 閉鎖的な空間

満員電車では逃げられない圧迫感というものがあり、閉鎖的な空間がストレスに感じます。

閉鎖的な空間にいることが続くと、パニック障害になったりする場合があります。

パニック障害とは、めまいや動悸、息切れ、などの症状に始まり、過呼吸など自分では体の状態をコントロールできなくなるものです。

閉鎖的な空間になんとなく不安を感じる人は、電車の時間をすいている時間に変えたり、通勤手段を電車以外の方法にすることをおすすめします。

パニック障害は自分では気が付きにくいストレスに対し、身体がさきに拒絶反応を起こすものです。

一度パニック障害になると、外出が怖くなったり薬の内服が必要になったりする場合があるので自分の身体、健康を甘く考えないでください。

まとめ

満員電車に乗ると感じるストレスについて今回はまとめました。

満員電車では血圧や血糖値が上がりやすく、知らないうちに症状が進行している場合があります。

血圧計で血圧を測り日々の数字を意識するだけでも健康をコントロールすることができます。

満員電車では、におい、周りの人との肌の密着、閉鎖的な空間などが大きなストレスになります。

ストレスを感じすぎると身体の方が先につぶれてしまうので、不安を感じたり満員電車を辛いと感じる場合には、電車の時間を変えたり通勤手段を変えることをおすすめします。


はじめての方へ


SNSでも最新情報発信中

LINE 友だち追加

  • コーポレートサイト

    コーポレートサイトを公開しました!

    ビルポとは?

  • ビルジョ

    ビルメン業界で活躍する女性応援情報サイト

    ビルジョとは

  • ビルクリーニング バックナンバー アーカイブ

    過去の清掃現場向け業界誌を閲覧できます

    詳しく

  • ビルポチャンネル

    ビルメンテナンス業務に役立つ動画を公開中

    詳しく

  • カタログダウンロードセンター

    目的に応じた資機材のカタログが探せます

    詳しく

アクセスランキング

もっと見る