結婚式招待をうまく断る方法3つ!関係を壊さずに欠席可能

ビルポ事務局

イメージ

結婚式に招待されたけれど、いろいろな理由で断りたいケースもあると思います。

欠席したいけど、うまく断る方法が分からなかったり、予定がなくて断る理由がないという方も多くいらっしゃるようです。

ヘタに断ると関係がギクシャクしてしまうかもしれません。

そんな時、「相手との関係を悪化させず」に「嘘とバレず」に結婚式の招待を断る方法についてご紹介します。

イメージ

結婚式の出席を断る理由 3選

今回、結婚式をお断りする相手は「今後もお付き合いのある人」をイメージしています。

いかに相手との関係を悪くせずに、本当は行きたいんだけど無理なんだよね〜と断ることをゴールにしています。

結婚式を断る理由 別の冠婚葬祭の予定がある

結婚式を断るのに有効な理由は「他に優先すべき事項がある」というもの。

具体的に言うと、

  • 同じ日に家族や親戚の結婚式がある
  • 同じ日に親族の法事がある
  • 子供の運動会などイベントがある

といったように、相手よりも(一般的に)大事だと思われる間柄の人とのイベントです。

ウソの理由で断る場合は、断る相手よりもあなたと近い関係(親、兄弟、配偶者など)を対象にするのがベストです。

さらに、すでに他の予定に出席することが決まってしまっている(返事をしている)という設定にしましょう。

「どちらに行こうか…?」と他の予定と結婚式出席を天秤にかけるのではなく、「すでに結婚式に参加できない状況なんだ」ということをアピールしなければなりません。

もし、本当に別の友人の結婚式などに参加する予定があるのなら正直にそれをお伝えしましょう。すでに出席することを返事していることも伝えた方が良いです。

結婚式を断る理由 仕事の予定がある

「仕事の予定があって行けない」というのも結婚式を断る理由として成り立ちます。

しかし、リスクが高いので十分に気をつけなければ相手との関係にヒビが入ってしまうかもしれません!

まず、相手に「私の結婚式より仕事を選ぶんだ…」と思われてしまってはNGです。ですので、仕事の中でも絶対に外せない仕事なんだという理由にしなくてはいけません。

  • 重要な会議がある
  • 泊まりの出張がある
  • 長期の出張がある

という理由が重大なイベントに当たると思います。

ただ、結婚式の予定が数カ月先なのに対して、そこまで先の仕事の予定があるのかというと少し怪しいですよね。

相手も仕事を重視している方であればすんなり理解を得られるかもしれませんので、「仕事で断る」のは相手との関係性を考えてからにしましょう。

また、当たり前ですが仕事のつながりがある相手に対して「仕事」を理由に断る場合は、後でウソがバレる危険性もあるので注意しましょうね!汗

ちなみに、すでに出席の返事をしているのに少し前になって(ウソの)仕事を理由に断るのは絶対にやめましょう。相手の心象はかなり悪くなります。

結婚式を断る理由 何も伝えない

あえて明確な理由を伝えずに断るのも良い方法です。

その日はどうしても予定があって…と面と向かって言うと、意外とすんなり受け入れてくれます。

また、招待状で欠席の返事を送る際にも「どうしても行けない予定があり欠席させていただきます」という旨を書いておくと良いでしょう。

相手からすれば「わざわざ欠席の理由を聞くのも気まずいし、何か大事な予定が合ったんだろうな」と思ってくれます。

もしも、理由を聞かれるようなら他の結婚式や外せない仕事(前述①と②)を使って答えると信憑性が高まります。

嘘だとバレやすい断り方

逆に嘘だとバレやすい断り方(理由)も紹介しておきます。

最もやりがちなのが「時系列を考えずにウソをついてしまうこと」です。

一般的に結婚式の招待は数ヶ月前に送られてくるものです。もしくは、招待状が届く前に口頭で「〇月に結婚式挙げることになったよ」と報告されます。

数カ月先にどうしても外せない仕事が入っていることは珍しいですし、相手からすれば「今のうちに予定をズラしてくれよ…」という気持ちになってしまうでしょう。

また、同じ日に別の結婚式があるからと言って断ったのに結婚式当日に

「会社で仕事していた」

「インスタで遊んでいる写真を投稿した」

など辻褄が合わない行動でウソがバレてしまうケースもあります。

自分は断った時点で結婚式の話は終わりですが、断られた相手は結婚式が済んでも断られた理由を覚えているものです。

関係を崩したくなければウソをつき通すことが非常に大事です。

イメージ

やってはいけない断り方

最後に、結婚式の招待を断る際に「やってはいけない断り方」について知っておきましょう。

その場で断ってはいけない

その人との関係を崩したくないのであれば、たとえ嫌いな相手から招待されたり、絶対に行かないと決めている場合であっても、即答で断ることは避けましょう。

なんの確認もせずに数カ月後のスケジュールを明確に覚えている人はごく少数ですよね。いきなり断ってしまうと

「最初っから来る気ないじゃん…感じ悪いな」

となってしまいます。

まずは、結婚するという事実を受け止めて「予定を確認しておくね」と一旦話を切りましょう。

その後、タイミングを見て「親戚の結婚式とカブってた…」などと断るほうが相手も気分を害さずに受け入れてくれるでしょう。

欠席の返事だけしてはいけない

あなたが出席したくない場合であっても、相手にとって結婚式は人生の晴れ舞台です。まずは「おめでとう」という気持ちを伝えましょう。

招待状で返事をする際にも「おめでとうございます」「末永くお幸せに」といったお祝いの言葉は必ず付け加えるのが大事です。必須事項といっても過言ではないですね!

もし、本当の断る理由が金銭的なことでないのであれば、祝電やご祝儀、フラワーアレンジメントを結婚式に合わせて贈ってあげると喜んでいただけます。

「本当は行きたかったから残念だけど、お祝いの気持ちだけは贈ります」ということが伝わりますので、今後の付き合いにも支障が出ることはありません。

断る相手との関係を崩したくなければ、ここまで紹介したことを実践していただければ問題なく結婚式出席を断ることができますよ!


はじめての方へ


SNSでも最新情報発信中

LINE 友だち追加

  • コーポレートサイト

    コーポレートサイトを公開しました!

    ビルポとは?

  • ビルジョ

    ビルメン業界で活躍する女性応援情報サイト

    ビルジョとは

  • ビルクリーニング バックナンバー アーカイブ

    過去の清掃現場向け業界誌を閲覧できます

    詳しく

  • ビルポチャンネル

    ビルメンテナンス業務に役立つ動画を公開中

    詳しく

  • カタログダウンロードセンター

    目的に応じた資機材のカタログが探せます

    詳しく

アクセスランキング

もっと見る