【金縛り】無理やり起きることはできる?

ビルポ事務局

イメージ

ぐっすり眠っていてもだんだんと意識だけが覚醒して、体中に感じる違和感と共に突然起こる金縛り。

心霊現象だとする声も多く、自分もとうとう心霊現象を体験してしまったと、不安や恐怖で慌ててしまう人も多いのではないでしょうか?

今回は、金縛りの本当の原因や解く方法をご紹介します。

金縛りは心霊現象だと思って怖い思いをしていた方は、ご安心ください。頭は起きているのに体が動かないそれは、心霊現象ではなく医学的な原因が解明されています。

イメージ

金縛りの原因は睡眠麻痺

以前から金縛りは心霊体験だ思っていて、人には抗えないものだというイメージを持っている人も多いでしょう。

しかし、金縛りは医学の研究により「睡眠麻痺」であることが分かっています。これは睡眠障害の一種であり、レム睡眠中に起こるそうです。

人の体はノンレム睡眠とレム睡眠を交互に繰り返しており、レム睡眠は体を休めて脳は働いている時間です。

脳と体がレム睡眠に入ると、脳で夢を見ながら体は弛緩していて動かない状態なので、心霊現象と錯覚する人が多いといわれています。

ちなみに、睡眠麻痺は統計的におよそ4割の人が人生のうちに1回は体験するようです。

金縛りはオカルト現象でない?

グラフィックス23.png

金縛りは心霊現象だから自分ではどうにも避けられない、と諦めている人もいるかもしれませんが、睡眠麻痺と呼ばれる睡眠障害の一種であり、金縛り中に見たものは夢でしかありません。

金縛りの体験談で「誰かに体を押さえられた」「誰かが体に乗っている」と感じる人もいるようですが、これは頭の中で夢を見ていて、体は筋肉が弛緩していて動かせないことが原因です。

まぶたも筋肉の動きによって開閉するので、目が開けられないと錯覚してしまいます。

そして、レム睡眠中には偏桃体という部分が活発に働きます。

偏桃体は感情の処理を司る部分で、中でも不安や怖さといったネガティブな感情を担当しているのです。

金縛りにあった時に恐怖体験をしたという体験は、レム睡眠中で体は動かせず脳が活発で、特にネガティブな部分が働いてしまうことが原因なのです。

金縛りとはどのような状況?

グラフィックス22.png

金縛り、睡眠麻痺中に起きる症状は次のようなものがあります。

  • 瞼が開けられない
  • 声が出せない
  • 身体を誰かに触られているような感覚
  • 息苦しい
  • 耳鳴りが聞こえる
  • 誰かがそばにいるような感覚

このような体験をすると焦りや恐怖で嫌な思いをしますが、心霊現象ではなく睡眠障害の一種なので怖がり過ぎなくても大丈夫ですよ。

イメージ

金縛りになりやすい状況とは300w

睡眠麻痺は、本来なら規則正しく巡るノンレム睡眠とレム睡眠のリズムが崩れると起きやすくなります。

例えば次のような状況では睡眠麻痺による金縛りにあいやすくなります。

  • 仕事が忙しく疲れがたまっている
  • 精神的ストレスで疲労感が大きい
  • 不規則な生活リズム

仕事や人間関係の問題で心と体力をすり減らしてしまった出来事に、心当たりはありませんか?

疲れすぎて寝つきが悪く睡眠不足気味だったり、昼間にあった出来事を思い返してイライラして眠れなかったり、ぐっすり眠れない日々が続くとレム睡眠のリズムが崩れやすくなってしまいます。

また、不規則な生活リズムもレム睡眠へ悪影響を与えます。休日に長時間寝て寝だめをしようとしたり、昼寝を多くし過ぎて夜更かしをしてしまうなど、睡眠の時間や質が低下しているようでは脳も体も好調とは言えません。

金縛りにあった日のことを思い返せば、直近で嫌なことがあったり問題が起きていたりは
しませんか?

金縛り、睡眠麻痺は脳や体からのSOSだと受け止めてくださいね。

イメージ

金縛りから無理やり起きることはできる?

金縛り中に脳がネガティブな映像を流してしまい、怖い思いをするので無理やりにでも起きたいと思うかもしれません。

しかし、金縛りは睡眠障害の一種である睡眠麻痺なので、無理に体を動かそうとしなくても大丈夫です。むしろ、無理やり起きようとするのはよくありません。

金縛りは睡眠麻痺だと認知して、これは脳と体が不調なのだと自覚することが大切です。

睡眠麻痺だと認識できたら、呼吸に集中して深呼吸をしてください。体に力を入れるのではなく、体の力をゆっくりと抜いて、リラックス状態に持っていきましょう。

睡眠麻痺は一時的な症状なので、時間が経てば必ず解消されます。誰かが体に乗っている、耳鳴りがするなど怖いと思う体感があるかもしれませんが、脳の偏桃体が見せているネガティブな感情です。

金縛りを解こうと無理やりに起ようとせず、その場はリラックスと深呼吸を意識して、翌日以降の生活リズムやストレス発散について考えるのがベストです。

ストレスに心当たりがある人は、ストレスの原因から距離をおき、発散する方法を実践しましょう。

スポーツや運動をすることも安眠に繋がる重要なポイントです。

仕事や人間関係などで疲労度が高ければ、お風呂にゆっくり浸かって脳と体を休めてください。

自分の性格やライフスタイルに合った休息を取り入れて、ぐっすり眠れる環境を整えましょう。

穏やかな気持ちと体感で眠れば、夜に起きることも少なく気づけば朝を迎えているはずです。

イメージ

まとめ

金縛りにあうと必ずと言っていいほど恐怖体験もセットになりますが、実は心霊現象ではなく、脳が見せた映像や体感に過ぎません。医学用語では睡眠麻痺と呼ばれ、レム睡眠時に起きる症状なのです。

金縛りから無理やりに起きる方法を模索してしまうかもしれませんが、睡眠麻痺という睡眠障害の一種なので体の力を抜いてリラックスすることが大切です。

そして翌日以降、どんな方法でストレスの発散や体と脳の休息をするかを考えていきましょう。

おすすめ記事:睡眠と健康の気になる色々

分割睡眠は本当に有効なのか?

ショートスリーパーの早死に説

ロングスリーパー=天才は事実なのか??

【金縛り】無理やり起きることはできる?

【気絶】5分以内に寝るのは実は睡眠ではない??


はじめての方へ


SNSでも最新情報発信中

LINE 友だち追加

  • コーポレートサイト

    コーポレートサイトを公開しました!

    ビルポとは?

  • ビルジョ

    ビルメン業界で活躍する女性応援情報サイト

    ビルジョとは

  • ビルクリーニング バックナンバー アーカイブ

    過去の清掃現場向け業界誌を閲覧できます

    詳しく

  • ビルポチャンネル

    ビルメンテナンス業務に役立つ動画を公開中

    詳しく

  • カタログダウンロードセンター

    目的に応じた資機材のカタログが探せます

    詳しく

アクセスランキング

もっと見る