イメージ

(なぜ意味がない?)紙ストローが環境に悪くてデメリットだらけの理由とは?

ビルポ事務局

今回は、段々と浸透してきた『紙ストロー』の闇について調査してみました。

皆様は、紙ストローは賛成ですか?

それとも反対ですか?

パッと見た感じ

『環境に良さそう』

『SDGs』

などのイメージを受けるのですが、必ずしもそうではないようです。

そんな紙ストローについてお伝えします。

(Ai作成記事)

紙ストローの紹介。持続可能な解決策を探る

先に、プラスチック廃棄物の問題に対する一つの解決策として、プラスチックを紙に置き換えるストローが導入され始めています。

紙製ストローを使用することのメリットとデメリットは、実行可能な解決策としての可能性を正しく検証するために、調査する必要があります。

この記事では、紙製ストローの環境、経済、健康、安全への影響について調べるとともに、紙製ストローに代わる選択肢を探っていきます。

プラスチック廃棄物に対する持続可能な解決策を見出す最も効果的な方法を発見するために、ぜひご一読ください。

紙製ストローの環境への影響を調べる

紙製ストローの最も一般的な利点は、プラスチック製ストローよりも環境に優しいということです。

紙製ストローは、適切に廃棄されれば、リサイクルや焼却が可能で、より自然な素材から作られているため、プラスチック製ストローほど分解に時間がかかりません。

そのため、環境中のプラスチックゴミの量を減らすことができ、ひいては水源に流入する量も減らすことができます。

さらに、紙製ストローの使用は、プラスチック製に比べ、製造に使用されるエネルギー量も削減することができます。紙製ストローは、プラスチックの大量生産と同じ量の電力やエネルギーを必要としないため、企業にとってより環境に優しい選択肢となります。

ただし、紙製ストローの環境負荷は、分別と廃棄のプロセスに依存します。捨て方を間違えて一般ゴミに出してしまうと、リサイクルされなくなってしまいます。

したがって、紙製ストローを効果的なソリューションにするためには、適切な廃棄処理が重要な要素となるのです。

紙製ストローへの切り替えによる経済効果の評価

導入企業の立場からすると、紙製ストローの採用は、顧客に対する企業のイメージアップにもつながるというメリットがあります。

環境に配慮した企業であることが分かりやすく、お客様に提示しやすくなります。その結果、お客様の満足度が上がり、その会社で買い物をしたり、他の人に勧めたりするようになります。

その上、紙製ストローのコストはプラスチック製ストローよりもかなり低い。

つまり、企業の規模にもよりますが、基本的な生産コストにかける金額を削減することができるのです。

ただし、紙製ストローの単価はプラスチック製ストローよりも高い場合があるため、企業が必要とする量によっては、必ずしも費用対効果の高い解決策とはならない場合があります。

紙製ストローの安全衛生上の影響評価

紙製ストローには、プラスチック製と比較して、健康面や安全面でいくつかの利点がある可能性もあります。

一般に、紙は食品に触れても安全な素材と考えられているため、ストローとして使用しても人体に害を及ぼす可能性はありません。

さらに、紙は一般に生分解性があるので、環境におけるプラスチック汚染の原因ともなりにくいのです。

しかし、紙製のストローにも健康や安全に対するリスクがないわけではありません。

紙製のストローは、一般的にプラスチック製よりも使い心地が悪いと考えられており、長時間使用すると膨らんでしまうことや、耐久性に欠ける可能性があります。

紙製ストローのメリットとデメリットを検討する際には、これらのリスクを考慮する必要があります。

持続可能なソリューションとして、紙製ストローの代替品を検討する

紙製ストローはプラスチック廃棄物に対する解決策の1つですが、同じように効果的な代替品もあります。

ステンレススチール、シリコン、竹などの素材でできた再利用可能なストローは、プラスチックの使用量を削減する効果的な方法です。

これらの素材は洗浄や手入れが必要ですが、毎日洗浄すれば、同じように効果を発揮します。さらに、リサイクルやコンポストなど、プラスチックのゴミをなくす方法もあります。

まとめ

ペーパーストローは、プラスチックの使用量を減らし、プラスチックの大量生産に伴う環境への影響を軽減するための素晴らしい方法です。

しかし、再利用可能なストローやその他の廃棄物管理技術など、検討すべき他の解決策もあります。

最も効果的で持続可能な解決策を見出す鍵は、利用可能なさまざまな選択肢を調査・検討することにあるのです。

全体として、紙製ストローはプラスチック廃棄物問題の解決策の1つであり、プラスチックの生産量を削減する効果的な方法となりえます。

しかし、最も持続可能で効果的な解決策を見つけるためには、他の選択肢を検討する必要があります。

(ここまでがAI記事)

このように、確かに環境に良い側面を感じることが出来るのですが、実際は良い側面だけではないのが現実です。

例:原材料

紙ストロー:森林伐採

プラストロー:石油などの残りや副産物

紙ストローの重さは1.15g

プラストロー:1本0.52g

(重さが2倍なので移動のためのエネルギー費用も2倍近くかかる

他にも

 その結果、全量埋め立て廃棄の場合、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量は、紙ストローがプラストローの4.6倍にもなっていた。

紙ストローだと63%、プラストローだと80%が原料生産の段階で排出されている。その後の使い方や廃棄のしかたを工夫しても、排出量を削減するのは難しいということだ。

 このほか、紙ストローはプラストローにくらべて海洋酸性化については2.2倍、人体に影響する有毒物質では4.4倍、富栄養化についても4.4倍の脅威になるという結果がでている。逆にプラストローの悪影響が目につくのは化石燃料の消費で、これは紙ストローの2.2倍だ。

 地球環境に対するこれら8項目の影響を合算した「相対的環境影響指数」をみると、紙ストローの悪影響度はプラストローの2.1倍になっている。総合的にみて、紙ストローはプラストローよりかなり環境に悪いのだ。生分解性プラスチックであるポリ乳酸製ストローの悪影響度はプラストローの2.7倍。紙ストローより悪い。

出典:文集オンライン

このように実はかなり環境に悪いことが伺えます。

では、結局プラストローがいいのか?ということになりますが、分解することも問題になることや、不法投棄をゼロにすることは難しいと思います。

個人的には米ストローは紙ストローより良かったと思います。

51A1KHwLLoL._AC_SX679_.jpg

画像出典元:AMAZON.co.jp

因みに、こちらは最後柔らかくなった時に食べることが出来ます。

このように、現在紙ストローが主流になってきてはいますが、EV自動車と同じような問題が起きています。

EVは現在、リチウムが初めより15倍も原材料の価格が上がり、原材料の枯渇も問題になってきていることから、水素自動車が主流になると言われています。

TOYOTAの全方位戦略が一人勝ち!?日本のものづくりが最強の理由

ただ、水素が自動車や生活の一部になるにはもう少し時間がかかると思います。

そこで、日本の電力使用量の70%は工場や施設ビルの電気です。

この電気の使用量を今の使用方法のまま30%の削減するための設備DXの推進をしているのが我々ビルポになります。

気になる方は是非お問い合わせください!

最後に

弊社代表稲垣が、

Venture Café Tokyo Thursday Gathering セッション

OGP_20230202.png

  • セッションタイトル:スマートビルとビルメンテナンス
  • 開催日時:2023年2月2日(木) 17:00 – 18:00
  • 開催方法:ハイブリッド
  • 開催場所:CIC Tokyoオンライン配信 新しいウインドウで開きます (Venture Café Tokyo Thursday Gatheringサイトに飛びます)
  • 募集対象:
    • デジタル社会のアーキテクチャデザインに関心がある方々
    • スタートアップ、ベンチャー企業で技術やサービスの実現に課題を抱えている方々
    • スマートビル・シティのプロジェクトに取り組んでいる方々
  • 参加費:無料

に出演します!

参加費用もかからないので、今後のビルメンテナンスやスマートビルに興味のある方は以下よりご参加ください!!

デジタルアーキテクチャ・デザインセンター DADC


はじめての方へ


SNSでも最新情報発信中

LINE 友だち追加

  • コーポレートサイト

    コーポレートサイトを公開しました!

    ビルポとは?

  • ビルジョ

    ビルメン業界で活躍する女性応援情報サイト

    ビルジョとは

  • ビルクリーニング バックナンバー アーカイブ

    過去の清掃現場向け業界誌を閲覧できます

    詳しく

  • ビルポチャンネル

    ビルメンテナンス業務に役立つ動画を公開中

    詳しく

  • カタログダウンロードセンター

    目的に応じた資機材のカタログが探せます

    詳しく

  • マーケメディア

    社内DXの促進に役立つ資料をダウンロード

    詳しく

アクセスランキング

もっと見る