【凄すぎる】長谷部誠が歴代監督に信頼されるわけとは!?

ビルポ事務局

イメージ

今回はサッカー選手の長谷部誠選手についてお話していきます。

長谷部選手は日本代表選手としてスポーツ業界だけでなく、バラエティー番組にもよく出演されていてご存知の方も多いのではないでしょう。

その長谷部誠選手が歴代監督に信頼されるわけとは!?

何なのでしょうか。

そして凄すぎるとも噂があり、いろんなことが気になりますね。それでは調べてみましょう。

長谷部誠と監督エピソード1

それでは長谷部誠選手の2つのエピソードの1つ目をお話していきます。

1つ目はドイツの監督グラスナー監督から高評価を受けているという情報がありました。

そのきっかけは長い経験にあるようです。

長谷部誠選手が同じ背番号を背負って、確実性の高さから信頼を置かれているとのことです。

ドイツのチームフランクフルトでそのような評価がもらえるのは凄いことですよね。そして現在30代半ばでベテラン選手の域で不動の位置を確立しています。

長谷部誠選手は客観的に自分の位置を把握して、どういう姿を見せていくと周りに影響を与えられるかを考えていると感じました。

自分と周りとの線引きを上手に引ける方なのでしょう。

若手選手もこの人がいたら大丈夫だと終える先輩がいたら、安心出来ますよね。

良い先輩は手解きせず自力で来てくれるように距離感を意識した指導やサポートに回れる人です。そういう先輩に後輩は追いかけるようについていくものです。

グラスナー監督もそのやりとりを見て、信頼を置いているのでしょう。

人に教えるということを仕事で経験したことがありますが、やはり難しいと感じました。

相手に教えることは距離感もですが、とくに難しいと感じたのは言い方についてです。

目に見えることをそのまま言葉で伝えて理解する人もいれば、何かに例えて理解する人もいます。

また裏付けがあって物事が成り立っていると理解する人もいるため、相手がどのタイプの方であるかをしっかり把握するところから始める必要があります。

信頼関係を置いて、教えることでやりがいも掴むことが出来るでしょう。

長谷部誠と監督ピソード2

続いて2つ目に行きましょう。

長谷部誠選手が森保一監督と話す姿が記事になりました。

現在は選手ですが、「監督では?」という声も挙がってきています。

数年前からキャプテンとして活躍されています。

チームのコンディションや統率力を磨いて監督の補佐役として、選手として蟻の目とキャプテンとして鷹の目を共に持ち、自己成長を遂げています。

監督との意見交換が成長の近道でしょう。森監督も将来性を見て、信頼を置いているのかもしれません。

たくさんの選手としての経験も積まれているため、選手からの声に答えることも出来ますよね。

現在30代半ばということもあり、そろそろ監督として就任されるのではないかと示唆されています。

期待しているのは仲間だけでなく、多くのファンもそうです。楽しみですね。

長谷部誠の凄いところ:1

出典:YouTube

長谷部誠選手の信頼関係が分かったところで、長谷部誠選手の凄いところをまとめてみました。こちらも2つに分けてお話していきます。

1つ目は試合のタイトル獲得数です。芸人さんで言う賞レースのようなものです。

日本だけでなく、外国でのタイトルも獲得しており、その数はなんと10個です。

この実績が獲れた理由は何でしょうか。

私が考える理由としては長谷部誠選手の意識と目線にあると考えます。

一般的には長く続けることに対して安定を求めてしまい、行動が伴わないことがあります。

どうしようと焦ってしまうのです。しかし長谷部誠選手は常に斜め上を見ているように感じます。

目の前を見ていると、現状とその内容に意識が向いて自分に何が出来るのか出来ないのかとその次元になります。

たった45度斜め上を向けるだけで、現状とその先が見る余裕が生まれます。

自分とチームがこうなるにはこうしたほうがいいと冷静に分析していると感じました。

分析と行動を続けていくことで、新たな答えが見つかっていきます。

それが繰り返されてどんどん次に進めることが出来ます。

その考える力をつけて、本を出版するまでにいかれています。30代後半までサッカー選手の継続と珍しい展開の方です。

それだけ引く手あまたな存在価値がある選手ということが分かります。

長谷部誠の凄いところ:2

出典:YouTube

2つ目の長谷部誠選手の凄いところは落ち着いた性格です。

落ち着いた性格はどこから来ているのかと探ってみたところ、1月18日生まれの性格から来ているようです。

慌てる段階で慌てないという判断が異例ですよね。またリーダーシップがある、恵まれた方だそうです。

近くに1月18日生まれの人は役職についていたり、ついていなくとも何かの牽引や企画を進める役をしていたりする方かもしれません。

慌てるということは人生で生死を問う場面になります。

もしかしたらあわてやすいという方は臨時で何か起きたら慌てないという答えのふるいをかけるといいかもしれません。

よく地震や緊急地震速報などハッとさせられる場面があるでしょう。

その時に頭が真っ白になっても、どこかに緊急用の一つの引き出しがあれば慌てることが減ると考えます。

また声に出して呼吸をすると、冷静になれると言いますね。

冷静の先に次の答えを引き出せて、自分に余裕が生まれます。

一気に仕留めるというスマートな考えがあるかもしれませんが、一つ一つをこなせることで自信と周囲からの信頼を掴めるでしょう。

長谷部誠選手の今後が気になりますね。


はじめての方へ


SNSでも最新情報発信中

LINE 友だち追加

  • コーポレートサイト

    コーポレートサイトを公開しました!

    ビルポとは?

  • ビルジョ

    ビルメン業界で活躍する女性応援情報サイト

    ビルジョとは

  • ビルクリーニング バックナンバー アーカイブ

    過去の清掃現場向け業界誌を閲覧できます

    詳しく

  • ビルポチャンネル

    ビルメンテナンス業務に役立つ動画を公開中

    詳しく

  • カタログダウンロードセンター

    目的に応じた資機材のカタログが探せます

    詳しく

アクセスランキング

もっと見る