イメージ

富士フイルムホールディングスのセキュリティ革新:DX

ビルポ事務局

富士フイルムホールディングスが数千ものサーバを一元管理するために、VMware NSX Securityの高度なセキュリティソリューションを採用したことで、今回はITインフラとセキュリティ対策の現代化についてお伝えします。

従来の「境界型防御」からの転換、統合されたITインフラの重要性、組織間の調整によるITインフラの統合、VMwareとの戦略的パートナーシップ、そして今後の展望とDX計画の推進という5つのキーポイントに焦点を当て、富士フイルムホールディングスがどのようにデジタル変革(DX)を進めているのかを探ります。

従来の「境界型防御」からの転換

2.jpg

既存の防御策の課題と困難性

富士フイルムホールディングスでは、長年にわたり「境界型防御」を用いてITシステムを保護してきました。

しかし、そのシステムには1000台以上のサーバが関わっており、すべてに対してセキュリティ施策を行い、維持管理するのは困難を極め、多数のサーバに対するセキュリティ対策の運用と更新には大量のリソースが必要であり、それが業務負荷やコストの増大につながっていました。

セキュリティの不均一性と「モダンなITインフラ」への期待

加えて、グループ全体でのセキュリティレベルのバラつきも問題で、各事業部がそれぞれに構築したセキュリティのレベルは、統一感がなく、各事業部間での情報共有や統合管理が困難でした。

これにより、「モダンなITインフラ」に求められる多様な環境からのアクセスへの対応が不十分となりより統合的かつ一元化されたセキュリティ管理体制の導入と、それに伴うモダンなITインフラの実現が求められました。

「VMware NSX」のマイクロセグメンテーション機能への移行

そこで富士フイルムホールディングスは、これらの問題を解決するため、「VMware NSX」のマイクロセグメンテーションという新たなセキュリティ技術に注目します。

この技術により、サーバ1台1台を統一されたポリシーで保護することが可能になり、個々のサーバに対するセキュリティ設定や管理が大幅に容易になりました。

また、VMware NSX Securityを活用することで、仮想パッチの適応などの高度なサイバーセキュリティ対策も可能になりこれにより、セキュリティの一元化と強化が実現し、業務効率の向上とITインフラのモダナイゼーションが進みました。

統合されたITインフラの重要性

4.jpg

セキュリティの統一性と持続可能性

セキュリティはすべてのITインフラやビジネスの根幹をなすものであり、その重要性は語るまでもありません。

そのため、富士フイルムホールディングスでは、単にセキュリティが強固であるだけではなく、グループ全体で統合され、継続的に保護が行えることを重視しています。

これは、企業全体のITインフラが一元化され、各部門やサーバが同じセキュリティポリシーに基づいて運用されることにより、セキュリティの管理が容易になり、同時にシステム全体のセキュリティレベルを一貫して高めることが可能になるからです。

オンプレミスとクラウドの統合

また、現代のITインフラはオンプレミスとクラウドサービスが共存する環境が一般的であり、それぞれの環境に適したセキュリティ対策が求められます。

しかし、富士フイルムホールディングスでは、オンプレミスとクラウドの両方でセキュリティを統合的に強化できる「VMware NSX Security」の技術を活用し、一元化したセキュリティ対策の実現を試みています。

これにより、それぞれの環境に対して異なるセキュリティ対策を考える必要がなくなり、管理の手間やリスクを大幅に軽減できます。

マルチクラウドとサーバレス環境への進展

さらに富士フイルムホールディングスでは、既存のシステムをクラウドに移行した後、クラウドネイティブなサーバレス環境へのモダナイゼーションを進めています。

その一環としてマルチクラウド環境への拡大を計画し、異なるクラウドプラットフォーム間で統一的なセキュリティを実現するために、VMwareの技術が重要な役割を担うと期待されています。

様々なクラウド環境に対応したセキュリティ対策を容易に実現でき、システム全体の安全性を一層強化することが可能となります。

富士フイルムホールディングスにおける組織間の調整

5.jpg

各組織リーダーとのコミュニケーション

富士フイルムホールディングスでは、ITインフラの統一とセキュリティ強化を目指すにあたり、組織間の調整が必要不可欠です。

具体的には、各組織のリーダーとの積極的なコミュニケーションを重ねることで、各部門のニーズを把握し、それに対する最適な解決策を模索しています。

このプロセスは、全社的なITインフラの改善を図る上で欠かせない要素であり、組織間の意思疎通と認識の共有を可能にします。

クラウド技術とVMwareのメリット説明

また、富士フイルムホールディングスのICT戦略部では、クラウド技術やVMwareのテクノロジーの利点について、詳細な説明を各部門に対して行っています。

これはクラウドへの移行や新しいテクノロジーの導入に対する理解を深め、組織全体の意志決定をスムーズに行うことを目的としています。

さらに、これにより各部門が新しいITインフラに対する理解を深め、その利点を最大限に活用することが可能になります。

共通認識の形成に向けた取り組み

全社的なITインフラ改革を実現するためには、共通の目標とビジョンを持つことが必要です。

富士フイルムホールディングスでは、この共通認識の形成に向けて、各部門との綿密なコミュニケーションと教育を行っています。

全員が同じ方向を向いて行動し、効果的な改革を実現できるようになります。

この共通認識の形成は、新しいITインフラの導入とその成功に向けて非常に重要な役割を果たします。

VMwareとの戦略的パートナーシップ

6.jpg

富士フイルムグループのDXとVMwareのビジョン

富士フイルムグループがデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める中で、そのビジョンとVMwareの技術的展望が密接に連動している点をお伝えします。

富士フイルムグループのDXのビジョンは、マルチクラウドやハイブリッドクラウドといった先端的なITインフラの導入と最適化を図りつつ、企業全体の効率性と生産性の向上を目指しています。

その方針はVMwareが提唱している技術的なビジョンと大いに一致しており、これにより双方のパートナーシップはさらに強化され、富士フイルムグループのITインフラ革新への道筋が明確になっています。

VMwareのグローバルサポートと期待

さらに、VMwareが提供するグローバルなサポート体制が、富士フイルムグループの世界各地の拠点でのITインフラの革新を促進する大きな助けとなっています。

VMwareの広範囲で包括的な支援により、富士フイルムグループはDXをグローバルスケールで進めることが可能で特に、多地点にわたる大規模なITインフラ改革では、これだけの規模と専門性を兼ね備えたサポートが欠かせません。

「総合的に距離の近いサポート」の願望

最後に、富士フイルムグループがVMwareから「総合的に距離の近いサポート」を期待していることとして、物理的な距離を超えた、深い理解と共感に基づくサポートを指します。

その願いの背後には、技術的な問題解決だけでなく、ビジネス上の課題に対しても一緒に考え、解決策を見つけていくというパートナーシップを期待する思いが現れています。

このようなパートナーシップの強化は、富士フイルムグループのDXをさらに成功へと導く重要な要素であり、今後のITインフラ革新におけるVMwareとの連携の深化を予見させます。

今後の展望とDX計画の推進

7.jpg

ITインフラの革新とマルチクラウド/ハイブリッドクラウドのビジョン

富士フイルムグループが今後推進していくITインフラの革新と、それに伴うマルチクラウド及びハイブリッドクラウドへの移行のビジョンについて詳しく述べます。

従来の防御型から統合型のセキュリティへと移行し、更にはクラウドネイティブなサーバレス環境へのモダナイゼーションを図りつつ、どのようにマルチクラウド及びハイブリッドクラウドの適用を進めていくのか。その戦略と展望を具体的に解説します。

世界各地への革新の拡大

次に、富士フイルムグループの世界各地の拠点へITインフラの革新をどのように広げていくのかについて語ります。

革新的なITインフラの構築は、単一の地域や拠点に留まることなく、グローバルな規模での展開が求められています。

そのための具体的な戦略や、現地の文化や環境に応じた適応策について詳述します。

VMwareとのパートナーシップの重要性

最後に、VMwareとの戦略的パートナーシップが、これらの目標達成においてどのように重要な役割を果たしているかを強調します。

ITインフラの革新からDX推進に至るまで、VMwareとの協力がどのように富士フイルムグループのビジネス成果に貢献しているのか、具体的な事例を交えて語ります。

また、今後もこのパートナーシップが持続し、さらなる進展を遂げることで、富士フイルムグループが目指す未来像に一層近づくことができると結びます。

まとめ

このレポートを通じて、富士フイルムホールディングスがどのようにITインフラとセキュリティ対策を変革し、新たなビジネス価値を生み出しています。

特にVMwareとのパートナーシップはその中心に位置し、全ての拠点でのITインフラの革新を支え、富士フイルムホールディングスのマルチクラウド/ハイブリッドクラウドのビジョンを実現に向けた重要な役割を果たすことで今後もこのパートナーシップは持続し、グループ全体のDXを推進していくことで、さらなるビジネスの進展と成果を期待されるでしょう。


はじめての方へ


SNSでも最新情報発信中

LINE 友だち追加

  • コーポレートサイト

    コーポレートサイトを公開しました!

    ビルポとは?

  • ビルジョ

    ビルメン業界で活躍する女性応援情報サイト

    ビルジョとは

  • ビルクリーニング バックナンバー アーカイブ

    過去の清掃現場向け業界誌を閲覧できます

    詳しく

  • ビルポチャンネル

    ビルメンテナンス業務に役立つ動画を公開中

    詳しく

  • カタログダウンロードセンター

    目的に応じた資機材のカタログが探せます

    詳しく

  • マーケメディア

    社内DXの促進に役立つ資料をダウンロード

    詳しく