イメージ

2023年電気自動車の異常な高騰の理由とは?枯渇する資源問題

ビルポ事務局

今回は、最近異常に高騰している、電気自動車について紹介いたします。

なぜ、高騰したのか?

今後、エコカーは本当に主役になるについてAIに聞いてみました。

(以下AI記事)

"2023年の電気自動車市場に予想外のハードル"

2023年の電気自動車市場はどうなっているのだろう、何か問題が発生する可能性はないだろうか、と考えたことがある方、必見です。

今回は、電気自動車市場が直面する可能性のある、予想外のハードルについて詳しく解説します。

日産のミニEV「さくら」とその値上げ、そして「リーフ」とその値上げを比較検討してみたいと思います。さっそく、電気自動車の世界と2023年について見ていきましょう。

現在の電気自動車市場を理解する

電気自動車(EV)市場は、飛躍的な成長を続けている。

世界中の政府が、排出ガスを出さない電気自動車を所有するように顧客を誘致するためのインセンティブを導入し、メーカーは何百ものEVモデルやデザインで対応している。

需要はかつてないほど急速に伸びており、2019年には欧州で初めてEV車の登録台数がガソリン車を上回ると言われています。

その結果、現在、販売されているEV車のモデルやバージョンはかつてないほど多くなっています。このような前向きな動きがあっても、EV市場には予期せぬハードルが存在します。

電気自動車革命に対する日産の回答、サクラミニEV 3.

最近デビューした電気自動車は、日産自動車の「サクラミニEV3」です。この車は小さな2人乗りで、1回の充電で70~90マイルの走行が可能です。

また、前方衝突警報システム、レーンキーピングアシスト、エマージェンシーブレーキアシストなど、運転を容易にするための機能も搭載しています。

日産「サクラ」ミニEV3は、小型で手頃な価格のEVをお探しの方にとって、魅力的な選択肢となるでしょう。

サクラを取り巻く最大の問題は、その価格上昇である。2021年、日産はさくらmini-EV 3の価格を33,990ドルに引き上げ、一部の競合車より高価になった。

この値上げは、生産コストの上昇とEVの需要増が原因とされている。値上げされたとはいえ、同車は市場で最も手頃なEVの一つであることに変わりはない。

日産リーフとその価格上昇について

最近値上げされたもう一つのEVは、日産リーフです。リーフはEVの中でも長い間人気のあるモデルで、最近大型のバージョンに更新されました。

2020年版は、1回の充電で最大259マイルの航続距離を実現し、より広々とした空間になっています。

サクラと同様に、リーフも最近値上げされました。新型リーフは、2019年の29,990ドルから32,545ドルからとなっている。

この値上げは、バッテリー価格とEVの需要増が原因とされています。

2023年までの電気自動車市場における予測不可能な課題

EV市場は今後も継続する可能性が高く、数多くのEVモデルやバージョンが販売されているが、今後数年間は予測不可能なハードルが発生する可能性がある。

電池の価格と需要の増加は、EVの価格と供給力に大きな影響を与える可能性があります。また、EVの普及に伴い、航続距離への不安や充電時間の問題も懸念されます。

もうひとつの課題は、需要と供給です。EV市場は、多くのメーカーが新モデルや新バージョンを投入し、競争が激化している。その結果、価格が上昇し、消費者のコスト意識の高まりから、販売台数が減少する可能性があります。

まとめ

全体として、電気自動車市場は減速する気配がなく、今後数年でさらに普及が進むと思われる。しかし、市場の発展に伴い、潜在的な課題も残されている。

バッテリーの価格、入手性、航続距離への不安、他メーカーとの競争、購入者のコスト意識の高まりなどが潜在的な課題として考えられる。

今後、EV市場にどのような課題が待ち受けているのか、また、これらの課題にどのように対処していくのか、注目されるところである。

(ここまでがAI記事)

このように、日産の電気自動車は異常な値上げをしています。

実際これは、日産ではなく全ての電気自動車も同じ状況のようです。

では、何が原因なのか?

というところですが、高騰の原因は、リチウムが不足してきているからのようです。

リチウムは、南米、オーストラリア、中国で産出されている資源です。

元々、スマホに使う程度であれば200年持つと言われていましたが、電気自動車になると何十倍も使用することになります。

仮に、20倍であったなら、あと10年で枯渇することになります。

そのため、原材料の不足が予想されることから急激に高騰することになりました。

そもそも、電気自動車を生産する場合、ガソリン車を使用して使用して廃車までに排出するCO2よりも電気自動車の生産はCO2を排出しています。

今後、リチウムに代わるものか、電気自動車自体を見直さなければ、カーボンニュートラルは遠のくことになりそうですね!

日本で1番電力を使用しているのは、商業施設などの大型の建物です。

その建物の電気の無駄を削減できる画期的なDXの方法があります。

それを推進しているのが我々ビルポです。

詳しくはこちら→日本が変わるビルポのDX

最後に

弊社代表稲垣が、

Venture Café Tokyo Thursday Gathering セッション

OGP_20230202.png

  • セッションタイトル:スマートビルとビルメンテナンス
  • 開催日時:2023年2月2日(木) 17:00 – 18:00
  • 開催方法:ハイブリッド
  • 開催場所:CIC Tokyoオンライン配信 新しいウインドウで開きます (Venture Café Tokyo Thursday Gatheringサイトに飛びます)
  • 募集対象:
    • デジタル社会のアーキテクチャデザインに関心がある方々
    • スタートアップ、ベンチャー企業で技術やサービスの実現に課題を抱えている方々
    • スマートビル・シティのプロジェクトに取り組んでいる方々
  • 参加費:無料

に出演します!

参加費用もかからないので、今後のビルメンテナンスやスマートビルに興味のある方は以下よりご参加ください!!

デジタルアーキテクチャ・デザインセンター DADC

  
  
  
  
  

はじめての方へ


SNSでも最新情報発信中

LINE 友だち追加

  • コーポレートサイト

    コーポレートサイトを公開しました!

    ビルポとは?

  • ビルジョ

    ビルメン業界で活躍する女性応援情報サイト

    ビルジョとは

  • ビルクリーニング バックナンバー アーカイブ

    過去の清掃現場向け業界誌を閲覧できます

    詳しく

  • ビルポチャンネル

    ビルメンテナンス業務に役立つ動画を公開中

    詳しく

  • カタログダウンロードセンター

    目的に応じた資機材のカタログが探せます

    詳しく

  • マーケメディア

    社内DXの促進に役立つ資料をダウンロード

    詳しく

アクセスランキング

もっと見る