日本代表サッカー選手の不仲説5選→No.1負けず嫌い

ビルポ事務局

イメージ

今回はサッカー選手の不仲説について、まとめてみました。

人間なので、良い関係性もあれば、関係性を構築するのに時間や技を必要とする場面もありますよね。

不仲説:1→本田圭佑×

出典:YouTube

最初の一組目は「本田圭佑選手と中村俊輔選手」です。

二人とも知名度とプロのカリスマ性に長けた選手です。

しかし、二人は重要な局面でそのような関係性に見えた場面があったそうです。

蹴る場面でどちらが蹴るかとなった時に、本田選手が懇願したものの、中村選手が蹴って外してしまうということがありました。

二人の関係性を調べてみましたが、本田選手は変わったところがあるようです。

しかし中村選手は芯があり、どっしりとした深さがあるようです。

この二人は人間性がどこか変わった関係性を保つ必要があります。そのため、中村選手がどっしりと受け止めて差し上げる必要があるということです。

私も過去に本田選手のように、どこか変わったプロで長けた方と仲良くさせていただきました。

最初はとても真面目で変わったところもプラスに見ていたのですが、長く付き合っていくうちにどこまでが本性で軽快な振る舞いなのか、わからなくなってきました。

真面目すぎる自分が原因なのもよくわかっていますが、これはお互いの性格なのでしょうがないことですね。

どこか気の緩さを出して接していくことが求められるでしょう。

イメージ

不仲説:2→カシージャス×

アルベロア選手×カシージャス選手がいます。

外国の選手ということであまり聞き馴染みのない方も多いでしょう。

その発端はサッカー試合でカシージャス選手が骨折し、そのあとに大活躍を成し遂げて挨拶もしない関係になってしまったそうです。

とても現実的に見ては悲しいことですね。

それでは関係性を見てみましょう。

二人の関係は良く考える思慮深いところと即決する行動派の対極的な関係性であることがわかります。

この二人はよく話し合わないとお互いの良さが発揮できないといえるでしょう。

私も友達がその即決で行動的な友達が多いです。

良い意味で結果を残しているタイプで、素晴らしいと感じます。

しかしどこか並外れたところもあり、特殊なところが持ち味でもあるでしょう。

しかし、もう一人は良く考えないとやっていけないタイプです。

周りと協調性を図りながらやり取りすることがその人の生きがいなのです。

無視して行動されてはたまったものではないという考え方です。

これも難しいところですね。

とても美男美女で似合うのでは?と思った関係性で紹介してあげたかったこともありますが、このような関係になりかねなかったと考えてみれば、危ういご厚意もあるのですね。

不仲説:3→メッシ×

出典:YouTube

メッシ選手とクリスティアーノ・ロナウド選手です。

こちらの不仲の現場の証言はありませんでしたが、噂が先回りしていると言われています。

関係性を見てみましょう。

すると勝手に片方が先回りして強く出てしまうという関係性が生まれてしまうようです。

そのため、相手の方は寛大な優しい面が活かされず、サポートできずに損してしまうそうです。

結構中にはそのような関係性の方も多いのではないでしょうか。

周りから見たら良い悪いと見ている方も判断する方もいて、実際に付き合っている本人からすると長く付き合えば相手はどうせこうなんだろう、と一面の部分だけを掘り続けていく関係性が起こりがちです。

そのためにあまりお互いを理解できずに、自分を出すことや抑えることに一生懸命になって、終わりへ向かわせていることもあるでしょう。

私もよくその傾向にあります。

何がよくないのかをしっかり理解して、相手を知る努力をしていますが、やはり合わないものは合わない、一緒にいて楽なら関係を続けるというのを繰り返して今を大事にしています。

このような関係を続けるにはいろんなところに行って、いろんな顔を見る練習をすることでしょう。

あまり感じられないようであれば、相手が求めている場所に連れて行ってあげるとエスコートにもつながりプラスになります。

前向きに考えていきましょう。

不仲説はまだまだ続きます。人間の良くも悪くも、特徴なのでぜひご自身のコミュニケーションに活かしてください。

イメージ

不仲説:4→ロナウド×

ファンニステルローイとC.ロナウドの二人です。

この二人は移籍されてきた途端に片方が移籍の話が生まれて、別のチームへ移籍することになりました。

このようなあからさまな行動や対応が表立ったことは人間としても、なんとなくわかりますよね。

過去にスタッフの育成や現場配属のお仕事の経験があります。

その時はかなり先輩や営業マンの方にフォローや忠告を受けたことがあります。

配属はその現場の空気に馴染めるか、関係性が悪化しないかが求められています。

人間的に判断が出来る方は素晴らしいなと感じました。

その経験や実力が伴って、勤続年数を重ねられているのでしょう。

しかし、私は長く勤めれば勤めるほど、さらにわからなくなってきました。

逆に𠮟咤激励を送られるようになり、合っているのか判断基準がずれてしまったこともありました。

最終的にはスピリチュアル的な判断が一番向いていると、カウンセリングなどの方面へ移行いたしました。

そのほうが向いていると個人的にも感じています。判断はその組織で長けている方が正当な判断が出来ると分かりました。

不仲説:5→ナスリ×

出典:YouTube

最後ギャラス選手とナスリ選手です。一言も言葉を交わさないという証言がありました。

この関係性を調べてみましたが、特に人一倍悪いという感じではなさそうです。合わないというのは2つのタイプがあるでしょう。

一つは持っているものが悪い部分で干渉しあってしまうため、いいところを見つけることが困難な場合です。反対に似たものを持っている場合です。

似たものがあると、どうしてもお互い良いところを共感して楽しむことができますが、本当にそうなのかと徐々に時間を共有するうちに慣れが生じてきます。

また悪い部分が似ていて、お互いのフォローが出来ないのです。

それはとてもつらいですし、二人では何も打つ手がないため、会社や組織でコミュニケーションをとるような仲がベストであると感じます。

今まで似たような人と仲良くしたことがありますが、やはり最初はありがたい気持ちでいっぱいです。

しかし、本当かなと疑いの目が出てきたり、悪い部分が似ているため自分が客観的に見られたりと、徐々に自信を失っていきました。

友達や会社の仲間であれば、プライベートまでかかわる必要はないため、苦しくないのですが、恋人や将来の相手に引っさげて考えた時に相手ではないとどこかで踏ん切りがついた気がします。

最後になりますが、この人とはこのような関係と自分が決めて接することが、相手にも意思表示となって、割り切った関係が作れるでしょう。

おすすめ記事:サッカー日本代表

三笘の50mって知ってる??

伊東純也の速すぎるプレー?(動画、画像有り)

旗手選手の意外な幼少期

堂安律の真実とは?論争終結

鎌田大地の海外の反応

田中碧の意外な真実

前田大然のやらかし案件とは?

不貞腐れた堂安?←原因はなんで?

南野拓実が出会った人

鎌田大地の挫折理由が衝撃すぎた

利き足がない奥川雅也

久保建英→海外の反応

リトルホンダの言ったこと

吉田麻也の圧倒的パフォーマンス

キング・カズ


はじめての方へ


SNSでも最新情報発信中

LINE 友だち追加

  • コーポレートサイト

    コーポレートサイトを公開しました!

    ビルポとは?

  • ビルジョ

    ビルメン業界で活躍する女性応援情報サイト

    ビルジョとは

  • ビルクリーニング バックナンバー アーカイブ

    過去の清掃現場向け業界誌を閲覧できます

    詳しく

  • ビルポチャンネル

    ビルメンテナンス業務に役立つ動画を公開中

    詳しく

  • カタログダウンロードセンター

    目的に応じた資機材のカタログが探せます

    詳しく

アクセスランキング

もっと見る