家計簿を簡単につける3つのコツ!

家計簿を簡単につける3つのコツ!

家庭の収支を確認するのに便利な家計簿📝皆さんはつけていますか?
このページでは簡単に家計簿をつけるコツをまとめてみました😉👍🏻すでに活用している方、年始めなどのタイミングでスタートしようと考えている方、どちらにも役立ちますのでぜひチェックしてみてください🎵

簡単な家計簿のつけ方1:自分にとってのメリットを見つけよう

メリットや目的意識の有る・無しによって同じことでも難易度が違って感じられます💭
家計簿を簡単につけるために、まず自分にとってのメリットを見つけましょう💡一般的なメリットは次の3項目です。

的確なお金の使い方が分かる

家計簿とは言ってみれば収支の見える化です。とくに支出が具体的な項目と数字で確認できることで、無駄使いはもちろん、お金をかけるところと節約できるところがはっきりと分かります☝🏻

値段を比較できる

スーパーなどよく利用する複数のお店で値段を比較できるのも家計簿のメリットです👍🏻💡同じ商品でもお店によって価格差があることや、季節ごとに何がお買い得を把握するのに役立ちます😊

長期的な視点で収支を考えられる

マイホームの建築費や子供の学費など、いつどれくらい費用が必要でどのように貯蓄したらよいか🤔💭家計簿で現在の収支を知ることで未来のお金の計画が立てやすくなります✨

簡単な家計簿のつけ方2:自分にあった方法を選ぼう

昔ながらのノートタイプに加えていろいろアプリもリリースされている家計簿📝
主なつけ方を3つピックアップしましたので簡単に継続できそうな方法を選んでください💁🏻‍♀️

スマホなどのアプリ

デジタルが苦手な人でも使いやすいのは、レシートをスマホのカメラで撮影するだけで品名や金額などの情報を自動で記録してくれる家計簿アプリです✨ただし、クレジットカードや預金口座などと連携する場合は、アプリが信用できるかどうかをしっかり確認しましょう☝🏻❗

レシートを貼る

簡単な家計簿のつけ方としてはノートにレシートを貼るだけという方法もあります💁🏻‍♀️コツとして挙げられるのは、「剥がれないようにしっかり貼り付ける」「レシートがない支出は手書きで追記」「時間が経つと文字が読めなくなる場合があるので必要ならコピーをとっておく」です🙌🏻

手書き

昔ながらの市販の家計簿や100円ショップのノート、普段使いの手帳はもちろん、筆記用具で書き込めて自分で容易に保管できるものならなんでも家計簿にできるのが手書きの魅力です😉反面、書き慣れないと簡単とは言えない場合もあるので、マーカーで色分けするなど楽しく続ける工夫をしてみてはいかがでしょうか💭✨

簡単な家計簿のつけ方3:項目をカスタマイズしよう

家計簿に記載する項目は食費、日用品費、固定費(光熱費・通信費・ローンなど)、交通費、交際費、レジャー費、医療費などが一般的です☝🏻ですが、項目ごとに細かく記載するのは面倒という方もいるかもしれません😐💦
簡単な家計簿のつけ方としてビルジョ情報WEBサイトがおすすめしたいのは、生活に必須でない費用や時々しか支出がないものは項目をひとつにまとめる方法です💁🏻‍♀️
「後で比較しやすいようにしっかり検討して項目を分ける」「項目としてひとまとめにしても、何にいくら使ったかはきちんと記載しておく」という2つの点をお忘れなく💨

最後に

今回は簡単な家計簿のつけ方を3つのコツから紹介しました💡
収支がはっきりすればもっと有効なお金の使い方や効率的な貯蓄の可能性が広がります。この機会に家計簿をつけ始めてみてはいかがでしょうか😊✨

この記事を書いたのは

ビルジョ

Builjoビルジョはきれいにかっこよく、家事も仕事も頑張る女性のための情報サイトです