おすすめ!家庭で出来るエアコン簡単お手入れ方法

エアコンを使っていると見た目では分からない汚れも結構あるんです。
汚れをため込んでしまう前に、簡単なお手入れを月に一度することでカビ臭さを抑えられたり、冷暖房の効きがよくなったりします。おすすめのお手入れ方法をご紹介します。

まずはじめに

エアコンの電源を切り、コンセントを抜いて下さい。電源を切った後もファンが回っていることがあるので、ファンが完全に停止するまで手などを入れないようにして下さい。経年劣化で本体の素材のプラスティックが弱っていることもあります。取り扱いには十分に注意して行ってください。

吹き出し口のカビをきれいにお掃除

吹き出し口はカビが生えやすいところです。小さめの古布を割りばしで挟んだものにエタノールを吹き付けて、吹き出し口の汚れを拭き取りましょう。

注意:割りばしは絶対に奥までは入れず、手前の部分だけにしてください。また、羽を傷つけないように前後にそっと動かすように拭き取りましょう。

フィルターを洗う

まずは掃除機で埃をしっかり吸い取ります。その後で中性洗剤または重曹水などのアルカリ洗剤で洗います。
この時、歯ブラシでもよいですが、少し大きめのブラシを使ってこする方がより効果的です。
最後に水洗いをしてよく乾かしてから戻します。

最後に

冷房使用時は室内の空気を取り込んで冷たい空気を出します。その際に温度差により結露が発生してエアコン内部は湿った状態になります。そこにチリや埃が溜まるとそれらをエサにしてカビが発生してしまいます。簡単なお手入れをこまめにすることで、臭いの元になるカビを抑えることができます。使わない時期は、エアコンカバーをかけるとホコリを防止できるのでおすすめです。

ただ、フィルターを洗っても臭いがとれない、奥の方にカビが発生しているのが見える、といった場合は無理に自分でお掃除しようとせず、プロのお掃除に依頼を検討してください。
だんだん寒くなってきたこの時期、暖房を使う前に一度エアコンをのぞいて汚れをチェックしてみてくださいね。

この記事をかいたのは

 


日本エアコンクリーニング協会

講師 佐藤 幸恵

URL:https://www.j-aca.jp/