料理をもっと好きに!料理をもっとラクに!キッチン整理【食器編】

料理が大好きなのでもっと料理を楽しみたい!
料理が苦手で、もっと手際よくササッと料理をしたい!
そう思ったことはありませんか?キッチンの環境を整えると、そのどちらも叶います。ということで、先々月から3回にわたりキッチン整理をご紹介しております。今回は、食器編です。

片づけの基本ステップのおさらい

  1. 全部出す
  2. わける(減らす)
  3. 収納する

片づけの基本ステップは上記の3ステップです。しかし、キッチンの物を全て出すには時間が必要です。そしてそれと同時にうまく戻す事ができなかったらどうしよう・・・と思い「全部出す」という勇気も必要になりますよね。そこで、まずはキッチンを「食品類」「調理器具類」「食器類」と大きくわけます。そして、それぞれの整理方法を解説していきます。今回は最終回「食器類」編です。

食器整理のポイント

食器類には機能性のほかに「好み」も大きく関係してくるので、食器整理ができるとクローゼットの整理へのステップにもなります。自分はどんなのモノを使うと気分があがるのか?という事をよく考えながら整理を進めていきましょう。
では、片づけの基本ステップにそって食器整理のポイントを解説していきます。

1.全部出す

食器棚の中から食器を全て出します。片づけをする際は、使用中の食器がないようにしておきましょう。水切りカゴ、食洗機の中、全ての食器を出し1か所に集めます。

2.わける(減らす)

「全部出す」作業をしながら、手にとった瞬間、下記のように感じる物に分けてしていきます。

  • 「要らない」と思う物
  • よく使っている、いわゆる使用頻度が高い物(週2,3回~毎日)
  • 全然使ってはいないけれど「捨てるにはもったいない、いつか使うかもしれない」と思う物

まず、手にした時に「要らないかも」と一瞬でも思った物は、もう要らない物です。この機会に手放してしまいましょう。
次に、使用頻度が高い物をさらに種類別にわけていきます。


↑例えば、このようにコップ類と食器類というようにわけます。

最後に、手に取った時心の中で「全然使ってはいないけど、捨てるにはもったいない、いつか使うかもしれない」と思うものは、深く考えずに上記2点の場所とは違う場所に集めます。

↑使用頻度が低いor使っていない食器(捨てるにはもったいない)

3.収納する

まずは使用頻度が高い物を収納していきます。使用頻度が高い物には特等席(出し入れがしやすい場所)を与えてあげましょう。

奥行きがある棚の場合は使用頻度が高い物が手前、低い物が奥。もしくは、同じ種類の食器がいくつかある場合は(写真でいうとコップ類)同じ物を奥から手前に並べていく奥並べという方法で収納していきます。

そして最後に、残りの使用頻度が低い食器を空いているところ収納していきます。

しまいきれなかった食器があったとしたら、それは、キャパオーバーです。今回を機会に手放すことをおすすめします。しかし勇気がない場合はダンボールなどに詰めて別の場所に保管しておきましょう。そして、そのダンボールに日付を記入しておいてください。詰めた日付です。その日から半年生活してみて、そして「なくても大丈夫」を体感してみてくださいね。それが体感できたら手放してみましょう。

最後に

食器を全部出してみると、使っている物とそうでない物の明暗が可視化できます。3回にわたって、キッチン整理についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
手放す基準がわかると、本当はそんなに物や種類がなくても大丈夫なのかもと思うかもしれませんね。

この記事を書いたのは

かたづけアドバイザー
大竹洋子
整理収納アドバイザー1級
企業内整理収納マネージャー
埼玉県春日部市。元片づけが苦手だった、かたづけアドバイザー大竹洋子です。
片づけのコツとマインドをお伝えしています。

https://otakeyoko.com/rinksyuu/

otake_yoko