温活を効果的にするポイント3選!

温活とは寒気解消や健康促進を目的として体を温める活動・習慣のことです😳🔥💭
秋から冬、そして春先の肌寒い時期まで1年のほぼ半分は温活シーズン。本格的に寒くなる前に、ビルジョWEBで温活を効果的に行うポイントを確認してみましょう☝🏻💡

温活を効果的にするポイント1 健康に良いと言われる理由

温活が健康に良いと言われる理由は、体温を上げることで免疫力が高まると考えられるためです💪🏻✨免疫とは、ウィルスや細菌などの病原体が体内で活性化するのを予防・抑制する機能のことで、人の体はこうした防御システムによって効果的に健康を保つようになっています。
免疫力が低下すると疲れやすくなったり、風邪をひきやすくなったりするのに加え、美容の大敵である肌荒れの原因にもなります😨💦
免疫に関わる細胞は体温が36.5度以上のときに活発に働くので、とくに平熱が低めな方は効果的な温活をすることでより健康に過ごせる可能性が高まります。よく冷えを感じる方も積極的に温活をしてみましょう👍🏻

温活を効果的にするポイント2 的確な場所を温める

効果的な温活としてもっとも簡単なのは冷えを感じる部分を的確に温めることです。
体を動かしていない状態で全身が寒いときは次の場所を温めてみましょう💁🏻‍♀️💭

寒気を感じやすいところ:首すじ、肩、背中、腰
太い血管があるところ:手首、足首、二の腕、太もも
筋肉がたくさんあるところ:お腹、お尻

体を動かしているときは体温の調節がしやすいように「寒気を感じやすいところ」、
指先、つま先など末端だけが冷たいときは「太い血管があるところ」、
ダイエットなどで効率的な発汗を期待したいときは「筋肉がたくさんあるところ」など、
状況によって温める場所を変えるのも良い方法です😊💡

温活を効果的にするポイント3 自分にあった温活方法を選ぶ

今回は大きく3つに分けて温活を紹介します。
ご自身にあった方法を選んで効果的に体を温めましょう🎵

生活習慣として温活を取り入れたい

  • 運動を始める🏃🏻‍♀️💨歩く距離を長くするなど簡単なことからでOK。筋肉が増えると発熱しやすくなります🔥新陳代謝もよくなるのでダイエット効果も期待できます。
  • お風呂で肩までしっかり浸かる習慣をつける♨
  • 常に防寒具や着替えを持ち歩いたり脱衣所を暖かくしたりして体が冷える機会を減らす。下半身を中心に厚着をする🧣🧦

食事で温活したい

  • 冬が旬で地中でも育つ野菜として生姜、カボチャ、ジャガイモ、タマネギ、ニンジンなどを食べる🥔🧅🥕唐辛子などの香辛料を活用したり、納豆やチーズなどの発酵食品を摂るのも良いでしょう。
  • キャベツ、小松菜、ほうれん草など、夏が旬の野菜は体を冷やすと言われるのでお鍋などの具材として食べるのがおすすめ🍲
  • 飲み物で効果的なのは温かい紅茶☕発酵させる工程のない緑茶やコーヒーは体を冷やす作用があります。

グッズで温活したい

  • 室内でもマフラーを使う、お腹にバスタオルを巻くなどする🧣すでに持っているものを活用するとリーズナブルで効果的な温活ができます。
  • 無駄にならないように一番気になる箇所を温めるグッズからひとつずつ順番に買う🧤
  • 熱を発するグッズは、低温やけどや出火の原因になるような粗悪品を買わないよう、安全性を十分に確認してから購入🧐

最後に

今回は効果的な温活を3つのポイントから紹介しました✨
夏にも応用できるので、体が冷えて困るという方はぜひ自分にあった方法を見つけて実践してみてください。温活で元気な毎日を過ごしましょう💪🏻💖

この記事を書いたのは

ビルジョ

Builjoビルジョはきれいにかっこよく、家事も仕事も頑張る女性のための情報サイトです