目の健康を保つ5つの習慣

スマホやパソコン、テレビといったデジタル機器の画面。皆さんは1日どれくらい見ているでしょうか🤔📱通勤のちょっとした時間なども含めると意外と長く眺めているかもしれませんね。
そこで気になるのは視力のケアです☝🏻ここで目の健康を保つのに役立つ5つの習慣を見てみましょう💁🏻‍♀️

目の健康を保つ習慣1:目を休める

長時間パソコンを使ったり読書をしたときなどは、とくに疲れを感じなくても1~2時間に10分くらい目を休めてみましょう👀✨明るさに極端に変化がない場所で、5mくらい先をぼんやり眺めると目の筋肉がゆるんでリラックスできますよ🌿毎日の十分な睡眠も目の休養と健康に効果的です😴

目の健康を保つ習慣2:光の輝度や強度の調節

仕事でもプライベートでも、何かを「見る」ときには必要な明るさを確保しましょう💡暗いと目が疲れるばかりでなく思わぬミスの原因になりかねません。直射日光や強い紫外線も目の健康を阻害する要因なので、ビルジョの皆さんのように外仕事が多い方は、紫外線をカットできる色のないサングラスを使うのも一案です😎👍🏻

目の健康を保つ習慣3:距離や位置の調整

視力のケアには対象との距離も大切です。読書なら30cm📖、パソコンのモニターなど光を発しているものは40~50cm💻離れて見るのが良いとされています。
位置は目線の正面、もしくは少し下がるくらいの場所に焦点が来るようにすると目が疲れにくくなります🙆🏻‍♀️

目の健康を保つ習慣4:栄養を摂る

以下に挙げたのは目の健康に良いと言われる栄養素です👀✨
入念にケアしたい方は、合わせてアスタキサンチン、アントシアニン、ルテイン、DHAなどを摂ってみてはいかがでしょうか。目薬やサプリで栄養補給する場合は、信頼できるデータに基づいているなど情報をよく確認してください👩🏻‍🔬

ビタミンA

網膜の色素の合成に必要な栄養素です。
主要成分のレチノールが目の粘膜を保護すると言われています🥕
含まれる食材:ブロッコリー、ほうれん草、人参、カボチャ、レバー、うなぎ

ビタミンB群

目が正常に機能するための神経や筋肉を維持します。
特に関係が深いのはビタミンB1、B2、B6、B12です🥜
含まれる食材:納豆などの大豆製品、魚介、豚肉、レバー、ナッツ類、牛乳や乳製品

ビタミンC

目のレンズの役割をする水晶体に多く含まれ、不足すると疲れ目の原因になる場合があります🍋
含まれる食材:イチゴ、キウイなどの果物、ピーマン、キャベツなど野菜、じゃがいも、さつまいも

目の健康を保つ習慣5:状態を知り、自分に合った眼鏡やコンタクトレンズを使う

「小さな文字が読めない」「焦点が合わない」「疲れを感じる」 こういった状態が続く場合は視力の衰えが原因かもしれません😵💦病気の可能性も含めて1度病院で検査を受けてみましょう。すでに眼鏡やコンタクトレンズを使っている方も、目の状態に合っているか定期的に確認することで視力を維持する効果があります。

最後に

今回は目の健康に役立つ5つのポイントを紹介しました😊
とくに酷使してしまいがちな器官であるだけに、日頃からきちんとケアして長く健康な状態を保ちたいですね🎵

この記事を書いたのは

ビルジョ

Builjoビルジョはきれいにかっこよく、家事も仕事も頑張る女性のための情報サイトです